暇人見聞録

大体ものすごく暇なときに思ったことをありのままで書きます

夢リスト恐るべし

めちゃくちゃ今旅がしたいです。安西先生

 

どうも、体型だけ安西先生の土橋です。

 

旅したいんですよがちで。旭川とかそっちらへんに。ただ結構JRの運賃が高いんだよな。

 

それ以前に今もしかしたら風邪ひいてるんじゃないか疑惑あるし。

 

離職票何とか今のところにいる間に届いたのはラッキーだけどそういうときに限って風邪ひくのはな~。ギャグかよwwwww

 

 

まあそんな具合悪さ全開でライターの仕事が頭回らないので、感情と勢いでやってきたブログで、とりあえず書きたい欲を維持します。

 

また前回に続き腹いせ会かよって?まあまあそういわずに。

 

 

まあ今回は、夢リストについて書きたいと思う。

 

 

はあ?夢リスト?なにそれおいしいの?

 

 

一見あほらしそうなものであるが、これ、まじでやばい。

 

 

夢リストっていっているが、要は自分がやりたいことやほしいものをひたすらリスト化して書いていくという、至ってシンプルなものだ。

 

 

残し方は何でもいいが、出来れば紙にかいたほうが一番効果的だ。

 

 

何でわざわざ紙に書くのか。

 

 

人間は忘れる生き物だからだ。

 

 

 

どんなに記憶力がよくても、一生それが続くとは限らない。道端で会って向こうから久し振り~と言われて他愛もない会話をし、そんでもって別れたあとに、

 

で、あの人誰だっけ?

 

ということは誰しもあるはずだ。こないだ俺をくそみそにバカにしたくせして、一般人が絶対知らないであろう雑学をえげつないくらい知ってて、ある意味俺にとっての最強の壁と思っているうちの母親ですらそういうことになる。もちろん俺も何回かあった。

 

 

さらに分かりやすく例えるならば、今いきなり三角形の合同条件を言えと言われて、すぐ言えるやつは果たしているのか、ということだ。

 

 

おそらくほとんどの人は答えられないはずだ。俺は合同条件と打っただけでなぜか手が思うように動かなくなったぞ。

 

 

え、これある意味やばくね?もしかしたら俺やばい病気にかかってるんじゃね?こわっ

 

 

あれだけしんどい思いしてノートにとっても、あれだけ必死に覚えても、いずれは忘れてしまうものなのだ。

 

 

では実際に、夢リストの正しいやり方というか、ルールを紹介しよう。

 

  1. まず紙とペンを用意する。紙はノートでも構わない。
  2. その紙にやりたいことやほしいものをひたすら書いていく。この時、現実的なことは考えずに、自分は何でもできるジョジョのディオのような気分でかいたほうがおすすめ。
  3. 書き終わったら枕元に書いたリストを置いておき、寝る前に毎日必ず見る。見るタイミングは必ず必ず寝る前。これが大事。

 

とまあやることはこんな感じだ。まあこういう風に何かに書き残すことにより、自分がもし忘れたとしても、きちんと視覚的にわかるようになっているので、忘れても見直すことができる。

 

そして寝る前に必ず見ることについてだが、なぜ寝る前なのか、それは、

 

 

人間は寝てる間に記憶を整理するからだ。

 

 

色々覚えまくって頭が混乱しても、寝て起きたらそんなのが嘘みたいに消え、そして理解できるようになっている、というようなことはおそらく誰しもあるはずだ。それは脳が寝てる間に記憶を整理し、思い出しやすくしているからである。

 

なので、少しでも覚えるために一番効果的なのが寝る前なのだ。だから寝る前に見る、ということになるのだ。

 

毎日必ずやるのは、反復して覚えるように、何回も何回も読み直して覚えるように、毎日見るようにすると、しっかり頭に残るからだ。

 

 

この夢リストだが、継続してやるとあることが変化する。それは、

 

 

行動

 

である。

 

 

最初の頃は特に変化は起きないが、だんだん続けていくと、無意識のうちにまじでやってみようかな~、という考えになり、さらに続けると、今度はそのための行動を無意識のうちに行動を始める。その要領で気がついたらほんとにその書いた夢が実現している、ということになるのだ。

 

 

実際に自分が書いた夢リストに、今の会社(こないだまでいたコールセンター)を最強の人材になって辞めると書いていたが、実際に応答件数でセンター1位になる日が何日も連続で続いたりした日が出るくらい最強となってやめたのだ。そしてちょうどその時ビジネス仲間の友人が、東京に移ることになり、札幌ですんでたときの家に住んでいいという話がきて、ちょうどその時ぐらいに今のライターの仕事に応募して今に至る。

 

 

ライターの給料は出来高制で、やった分だけもらえるという感じだが、それでも充分稼げる仕事であり、これから住む友人の家の家賃も今より安くなるため、収入が増えて支出が減るという、理想的な展開である。

 

だから今度は、借金等全部返すという、夢リストに真っ先に書いた夢を実現することに全力を注いでいる。

 

 

現実的な夢だって?いいじゃんか。これも親と親戚のためや。しゃあないしゃあない。

 

 

まあなんにせよ、今の時代、特に俺らの世代になると、夢を語ると全力で全否定される。そんな腐った世の中である。子供の頃はどんどん夢を見ろと言うくせに、大人になったら現実を見ろと言う。思いっきり矛盾していることをいっていることになぜ大人は気づかないのか。怖いですね~笑

 

 

だからこそ、これだけ仮想通貨とか色々流行ってるし、これから先どんどん仕事は減らされるのだ。日本のスポーツカーの象徴であるGT-Rですら、他とは違う気合いの入れようにも拘らずライン生産なのである。

 

 

昨日ベストモータリングだったかな、それの動画でGT-Rの工場に取材にいったやつをみて、すげえと思いつつ、意外な部分を見て改めてGT-Rすげえと思った。

 

 

こういう世の中だからこそ、あえて世間に中指立てて夢に走るのも悪くないと、こうしている間にもどんどん体調が悪化している俺は思う。

 

 

ちくしょ~、会おうっていったのそっちなのにいつまで待たせるんじゃい、ちくしょうめ笑

 

 

という訳で、今回はここまでにします。果たして明日朝から忙しいのに動けるのか。乞うご期待‼

 

ではでは。ライン@登録もよろしく~

 

 


f:id:ddaiske35:20180222224906j:image

 

 

 

 

ドーパミン出してこー

給料入ったり、まとまった金がどかっと入ると、必ずその日の晩飯にアホみたいに作って食いきれないということをする癖をどうしても直したい土橋です。

 

 

給料日前に金なくなってえらい目に遭う原因のひとつ絶対これだと思うんだ。あと買い食いとか、結局食い物関係じゃねえか笑

 

 

まあそんなわけでいつも通り書いていきますよ。はい

 

 

その前にどうでもいいお知らせ。

 

 

最近やたらとpv数が増えており、何と今年初めて、

 

 

 

月間pv100越えました‼‼‼

 

 

ありがとうございます!

 

 

別にpvとかまったく意識してなかったけど、先月末から毎日のpv数が1以上ついてるのに気づいてから、まあ若干テンションあがったね。うん。

 

 

だけどまだ2018年始まってそんなにたってないけど、こんな早い段階で月間pv100越えたのは正直ビビった。

 

 

もしかしたら来月あたりについに始めてからのpv1000いっちゃうんじゃねえの?と密かに思ってたり。

 

 

まあこれからもpvとか世間体とかそんなくそめんどくさいことは気にせず、俺らしく徒然なるままに書いていくので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

話しは変わりますが、みなさん

 

 

めんどくせぇな~

 

って思ったことはありますでしょうか?

 

 

そりゃあるわな。俺は常に思っておるぞ笑

 

 

特に今はライターの仕事もあるし、何より引っ越しも控えているからその荷造りとかがあるから尚更よ。

 

 

まあ仕事でもそうだし、人と合うこともそういうのが出てくるので、絶対あるはず。

 

 

特に思うのが、ビジネス本格的にやるために脱サラしてまだ間もない、まさに今の俺みたいな人は、今こうして書いているときも思ってる人はいるはず。

 

 

なかにはめんどくさいプラス不安に押し潰されそうになってる人も多いはず。そういうやつはまじで今の俺と同じ。めっちゃわかる。

 

 

俺もこないだ親にがっつりくそみそに言われてそれからライターの仕事しようとしても不安で不安でしょうがねえよ。

 

 

でもそれでもやらなければならないことがあるのはみんな一緒。それは男も女も関係ない。

 

 

じゃあこういう時どうすればいいのか

 

それが今回のタイトルにもなっている言葉を自分に言い聞かせることだ。

 

そう、まあこんな具合で。

 

 

はいドーパミン出してこー

 

めんどくせぇって思ったときは短時間だけ全力でめんどくさいと思う。そしてある程度思ったところで自分にこの言葉を言い聞かせる。これはまじで俺いつもやってる。

 

 

ドーパミンって何よ、ってことになるが、これを説明すると、読者もそうだけど何より書いてるおれ自身がめまいを起こすからあまり詳しくは書かない。

 

 

ドーパミンは脳から出される、いわばホルモンの一種みたいなやつであり、人間が何か行動を起こすと分泌される。

 

 

ほら、よくめんどくせぇって思って始めると、ある程度時間たつとやる気が出て来て、よっしゃもっとやったろwwwwwってなることあるじゃん。つまりそういうこと。

 

ヤル気スイッチが入った状態、という感じかな。

 

つまりそういうこと。

 

 

俺も今こうしてブログ書いてるのも、少しでもライターの仕事するためのヤル気を出すために書いているようなものだ。まあ毎回ではないけど今はまさにその感じ。

 

 

ちなみにドーパミンがでないと当然ヤル気もでない。しかし、あまりにもひどいとたつことすらもできなくなる。

 

 

パーキンソン病という病気を聞いたことがあるだろうか。あれもドーパミンが関係しており、ドーパミンが減ってきて、その結果筋肉なども動かすことができなくなり、その結果ものをつかむどころか、たつことすらもできなくなり、また、物覚えも悪くなったりもする病だ。

 

 

じゃあがんがん出せばいいのかと言われると、そうでもない。逆に出しすぎると幻覚が見えたり、同じ事を何度も繰り返したりするようになる。麻薬や覚醒剤、たばこも同じであり、これらはドーパミンを増加させる効果があり、最終的に精神依存ができ、やめたくてもやめられない、ということになる。脳からすればたばこも覚醒剤も変わらないとのこと。

 

 

そうにも関わらず先ほど加熱式たばこのグローを買った俺はとんでもないばかやろうである。

 

 

誰がバカだこのやろうwwwww

 


f:id:ddaiske35:20180220211030j:image

 

 

いや~いいよでも。まだコールセンターにいたころ飲み会で上司がアイコス使わせてくれたけど、アイコスとは違う良さがあるよ。まあでもたばこの味が強いのはアイコスだけどな。

 

 

今度アイコス買ったら吸い比べブログでも書こうかな。

 

 

まあいいや。

 

 

 とにかく、許容範囲内だったら、ドーパミンが増えるということは、ヤル気に繋がるということだ。

 

 

ではやる気が出ても不安はどうすればいいのか。簡単だ。

 

 

上手くいったときを思い出す。

 

 

たとえば初めて成功したときや、凄い結果を出してほめられたとき、過去は変えられないので、それは間違いないものだ。

 

 

そういうときを思い出せばいいだけ。もし始めたばかりで何も上手くいったりほめられたりしたことがないのなら、何でもいいからまずやろう。

 

 

今は失敗続きでも、いずれは成功するときが来るから。そうでなくても成功するためのアドバイスをくれることがあるかもしれないから。

 

 

今日Twitterで見たフォロワーのツイートでこんなのがあった

 

ビジネスを本気でやるためにバイトをやめたのは良いことだ。そうすることで時間の余裕が出てくる。しかしそれと引き換えに怠惰が出る。せっかく目標があるのにそれに負けていると、目標から退いていることになるから気を付けよう

 

的なツイートを見た。

 

 

どうしても脱サラしたては、苦しいものから解放された気分でどうしてもだらけたくなる。俺はそれを緩和するためにライターの仕事を早めに取りかかったのだが、今度は親にくそみそに言われて今に至っている。

 

しかしライターとして本格的に始めた最初の週の仕事が終わったとき、担当者から本文と写真のクオリティーがとても高いとほめられた。だからこそ今折れずに何とか踏ん張っていられるのだ。

 

 

ビジネスはどうしても他人に否定されることが多い。けどそれは致し方ないのだ。だからこそ、それでも折れないための芯を常に持つことが大事。そして普段の生活では、めんどくせぇって思ったらまず思いっきりめんどくさがれ、そしてすぐに自分に言い聞かせて切り替える。

 

他にもいろいろ方法があるが、何より自分なりの切り変え方を持つことが大事だ。

 

 

夢は逃げない、逃げるのは常に自分だ。まさにそれ。

 

これからいろいろ大変なことになるかもしれないが、それでも折れずに色々頑張ってほしい。俺も頑張るから。

 

 

よし、とりあえず今日の晩飯の買い物いこう。

 

 

以上!ライン@の登録もよろしく~

 

 


f:id:ddaiske35:20180220213555j:image

 

今更聞いたら半殺しにされそうな仮想通貨用語集

親に引っ越すことを言ったら、いろいろ仮想通貨について全否定されたりしたが、それでもライターでやること言ったら月40万円を3ヶ月稼いでみろって挑戦状叩きつけられているので、今やる気が有り余りすぎて誰でもいいから噛みつきたい気分です。土橋です。

 

 

一番腹立つのが全て理にかなっていて反論できない点が一番腹立つ。だから反抗期でも反抗できずに今に至る。そんな人生だったからこそ一回でいいからいい意味で期待を裏切りたいんよ。

 

まあそういう恨みというか苛立ちというか、そういうのをはらすためにも早速書こう。

 

 

 

まあ今回は仮想通貨ネタで、用語集とは書いているが、今回は初めて仮想通貨を始める方向けに、どういうことが起こると価格が変動するか、買い時はどういうときかについて俺なりの解説を書いていこうと思う。

 

 

一時的fxやバイオプをかじったことがあるのであくまで個人的な感想というか考えになるが、基本的なことは株やfxなどと一緒だ。

 

 

だがfx等とは決定的に違う点がある

 

 

それは、

 

 

価格変動するイベントが多いこと

 

 

fxはあくまで国の通貨で行うものなので、価格変動が起こるときは、その国でなにかが起こっているということになる。具体的には要人の発言や政策、あとはその国の経済指数や雇用に関する指数など、一般人やfxをやり始めた初心者からすれば、

 

ちょ、日本語で頼むわ~

 

と言いたくなるようなことが要因となる。投資家からすれば、要因というよりは、自分の予想のうえでの根拠や材料とも言う。

 

 

では仮想通貨の場合はどうなのか。簡単に以下にまとめてみた。

 

 

  1. 大口投資家による大量売買
  2. 国の文化によるイベント(主に中国)
  3. 取引所の上場
  4. 仮想通貨に関する規制
  5. 仮想通貨発行元の会社によるイベント

 

 

まあ俺が見たり聞いたりした限りだとこんな感じ。他にもいろいろあるが、今紹介したもの以外は大概5番に該当しそうなものがほとんどだ。

 

 

まあ1と2はfxとかやってる人なら何となくわかると思うが、3からはまさに仮想通貨ならではといったようなものである。

 

 

では3から説明しよう。

 

上場と書いているが、簡単に言うとその取引所で取扱い始めましたよ~、て言う感じ。

 

 

単純にそれだけで変動が起こるのかと思われるが、充分起こる。海外の取引所でしか扱ってなかった銘柄が日本の取引所で取扱いを始めたら、その通貨を買いたくても買えなかった人たちからすれば、待ってましたと言わんばかりにアホみたいに買う、それによって価格も上がる。という具合だ。

 

 

だからもし、億り人生成マシーンと呼ばれたカルダノことADAコインが日本の取引所に上場したら、おそらく爆上がりするだろう。そういうことである。

 

次に4についてだ。まあこれはこの仮想通貨の異常な盛り上がり方と法整備が追い付いていないからこそだと思われる。

 

当然規制されると手放すことを余儀なくされたり、買いたくても買えなくなるため、その結果値段が下がる。

 

5については、はっきり言ってややこしい。ややこしいというより、かなりイベントがある。

 

なので、かなり重要なものだけを書くことにする。

 

大体会社のイベントとしては、以下の通りだ。

 

  • ハードフォーク
  • バーン
  • ロードマップのアップデート、公開

 

まあかなり重要なのはこれくらい。あとはGoogle先生に頼んでください笑

 

 

まずはハードフォークだが、これは文字通り硬いフォークのことである

 

 

これで冷めきって固くなったステーキも大丈夫だね🎵

 

ばかやろう違うわ

 

 

そうじゃねえよ。

 

 

まあこれは、仮想通貨ならではの話になるが、ある程度通貨を発行すると、金やダイヤモンドなどの資源のように、発掘量に限界がある。

 

ちなみにハードフォークの対義語としてソフトフォークというのがある。

 

 

フォークというのは、ざっくり言うと仕様変更である。その仕様変更のやり方の違いでハードかソフトかで別れている、というだけだ。

 

ソフトフォークの場合は、いわば全交換みたいな感じであり、今ある仕様をまるごと変えるという感じ。

 

ハードフォークの場合は、ある部分から先を変更するという変え方だ。ちなみに変更前と変更後では互換性がなく、それぞれ別のものとなってしまう。しかし、変更前のものについては引き続き使える。ということだ。

 

実際今あるコインで、ビットコインキャッシュというものがあるが、あれはビットコインのハードフォークによって誕生した。

 

このように引き続きコインを発行しつづけるためにハードフォークというのが行われる。

 

 

次はバーンだ。

 

 

なんだこいつ、いきなり頭おかしくなったんじゃないか、だからちゃうねん。そういう名前やって。

 

 

バーンもハードフォークと似たようなものであるが、こちらは新たに何かを生み出す訳ではない。

 

ちなみに通常の通貨でもバーンという行為はあるらしいが、その意味はお金を燃やすことを言う。

 

なんて罰当たりな

 

 

しかし仮想通貨は実際には存在しない。そういやうちの母に仮想通貨全否定されたときも、現実に存在してないからダメだみたいなこと言ってたな。

 

まあいいや。

 

 

では仮想通貨の場合のバーンとはどういう風にするのか。

 

簡単に言うと、出し入れが不可能なウォレットアドレスに送り、封印することを言う、らしい。

 

 

んなことやってどうするんだよ、と思うかと思うが、実はそれには訳がある。

 

 

それは、運用会社がその通貨の希少価値を上げるためである。バーンをすると発行上限が下がり、その結果希少価値が上がり、価格が上がるのだ。投資家たちはそのバーンの情報を常に探しており、その情報をつかんだうえで仕掛けているのだ。

 

最後にロードマップだが、これは簡単に言うと予定表だ。それにはハードフォークの日程はもちろん、バーンの情報も入っていることもあったりする。他にも取引所の上場予定や、無料配布のエアドロップなど、これらの予定がつまった、ある意味材料の宝庫みたいなものである。

 

 

 

まあぐちゃぐちゃな感じになったが、大体これくらい覚えておけば、仮想通貨は何とかなるはずだ。にわかの投資家はこの事をきちんと見てないために失敗して詐欺だなんだ言い出す。

 

 

もしこれから仮想通貨にてを出すなら、まずはこの記事を見ておけ、とまでは言わないが、参考にしていただければと思う。

 

 

以上!

 

 

P.S.

 

 このブログを書いているときに、母親から妹が高校の推薦で受かったとメールがきて、その時に妹から体調管理に気をつけて無事でいろよと言われ、途中泣きながら書いていたのは秘密です笑

 

あ、LINE@追加しろよ‼↓

 


f:id:ddaiske35:20180219222810j:image

 

 

にわかは世界をぶち壊す 後編

最初の自己紹介の記事を書くときもテンションが上がって2部構成にしたけど、そのときはスマホしかなくてそれでやってたから大変だったのだが、今はタブレットにも対応しているキーボードとか買ったから3部構成でも100部構成でもいくらでもやってやるわ~という気分で今ブログかいています。どうも土橋です。

 

 

久しぶりに恋愛ネタ以外でこんなにテンションが上がったわマジで。ほんとそれくらい衝撃的だったし、すごい喜ばしいことだったし、自分が何となく始めたことがこんなことになると思うと胸熱になるし、もうとにかく嬉しい、ただその一言に尽きる。

 

 

というわけで後半戦行っちゃおうか

 

 

 

前半戦は今までの主流だったメルカリ物販やアフィリエイトだとあと2年後には厳しくなるというようなことを書き、その代わりにブロガーやYouTuberなど情報発信をしている人たちの方が利益を出すようになるというようなことを書いた。そしてそのような情報発信を続けていると信用も生まれるというようなことを書いて前半戦は終わった。

 

 

 

ではその信用を使ってどのようにして利益を出すのか、ここから説明していきたいと思います。

 

 

 

お金2.0では、こんな言葉が出てくる。それは、

 

 

独自の経済圏

 

である。

 

 

??????????

 

 

まあ、あれだ、要は大気圏などのエリアのことだ。つまりこれからの時代は、自分が広めたいものを自由に広められる範囲のことを独自の経済圏と表現していると思われる。

 

 

にたような言葉でネットワーカーという言葉があるが、恐らくそれが一番当てはまるだろう。実際に今回メインに取り上げている進撃する人さんのブログでもコミュニティを主体とした経済圏のことを言うと説明している。例えばオンラインサロン等のコミュニティビジネスも独自の経済圏といえ、仮想通貨も、独自コミュニティの経済圏を発展させるための通貨として誕生したようなものである、と説明している。

 

 

さすがに独自トークンを発行する人まではいなくても、独自の経済圏を作る人は多いはずだ、とその人はいっている。ものすごい簡単な例を出すと、アイドルとそのファンクラブ、この二つの関係こそが独自の経済圏である。そう思うと結構身近なところにあるものだと感じるはずだ。

 

 

実際この独自の経済圏を利用して例えばハンドメイドの製品を販売したり、アフィリエイトをしたり、あらゆることにも利用できるため、これrからの時代はただ物を売ったりセールスするのではなく、それ以前の絶対的なものである独自の経済圏を作ることに全力を注いだ方がもっとも効率的ではないかと、その著書とその人はいうのだ。

 

確かにその方が確実に売れるし、何よりいきなり断られるというリスクも少なくなって良いのかもしれないと今かいていて思う。

 

また、ブロガーになれば社会資本を手にいれることができる、という、これはアフィリエイター視点でのことになってしまうが、その事についても進撃する人さんが書いている。

 

 

いきなり話を変えるが、幸福になるには3つの資本をある程度満たせば幸せになれるという。

 

なんのこっちゃ、と思ったかたは是非、橘玲さんの幸福の資本論という著書を読もう。

 

その著書によると、人間が幸福にいきるためには、

  • 金融資本(金や貯金など)
  • 人的資本(スキルや能力、いわゆるノウハウというやつ)
  • 社会資本(人脈など)

 

この3つをある程度満たすことが幸福の条件と言われているらしい。しかし全部をある程度満たしている人はあまりいないからせめて2つ満たすことを目指そう、と、その著書には書いている。

 

思えば俺が今いるコミュニティ全部満たせそうだから最強だな、と今書いてて思ってたりしている。

 

そういえば先日のセミナー終わったあと、俺のビジネス仲間がそのとき伊藤さんと一緒に湯田陽太さんも一緒にセミナー講師として参加しており、そのセミナーが終わったあとにビジネス仲間に話してたのですげえいいなって思ったこといってたな。まあ直接聞いたわけではないからここではかかないでおくが。気になるかたは直接聞いておくんなまし。

 

 

進撃する人さんはそのブログのなかで、金融資本に突出してしまった場合のツイートを紹介していたので、その内容をまとめた、内容はこんな感じだ。

 

仮想通貨で億り人となった知り合いが3人いて、所有資産のなかで金融資産が突出した結果、承認欲求が以上に強くなった。極端な女遊びをしたり、社内出世に振り切ったり、スタートアップに出世しまくって上場実績を作ろうとしたりと、危うい感じになっている。

 

 

まさに、金で人が狂うときの典型的な感じですねーこわーい

 

 

一方社会資本が多いとどうなるか、これについては実際の進撃する人さんのブログをすく処したのでそちらをご覧いただきたい

 

 
f:id:ddaiske35:20180216190726j:image

 


f:id:ddaiske35:20180216190739j:image

 

 

思い付きでもここまで食いついてくるのってなんか面白いっすねー

 

まあこのようになにかをやろうとするときに真っ先に手をあげてくれる人が多いのが、社会資本が多い特徴です。

 

 

まあ前回の続きであるが今回のタイトルがにわかは世界をぶち壊すと書いていますが、最近YouTuberでも受けを狙うために迷惑行為をしたり、非常識なことをいったりする人があとをたたず、それが原因で出入り禁止になったりすることが最近多いです。そして大概こういうことをするのがひょっと出のにわかです。

 

 

だいぶまえから活動している人はそんなことはしません。ヒカキンが面白いことをやっているのは見ても迷惑行為をしているところはほとんど見ません。つまりそういうことです。仮想通貨だって、庭かがうぇーいって仮想通貨をバカみたいにかって、でもブロックチェーンなどのウォレットの存在も知らずに取引所に放置して管理して、いざそれが流出したらギャーギャー騒いで詐欺だのどうのこうの言い出す始末である。これはアーティストのファンでも言えます。大概にわかが迷惑行為をしてそのせいであのアーティストのファンは礼儀がなっていないというレッテルを張られ、古くからのファンに迷惑がかかっているのだ。

 

 

前編で紹介したアフィリエイトやメルカリ物販も、ひょっと出のにわかが調子こいて色々しでかすために規制が設けられたり、利益が出にくくなるのだ。

 

ではなぜ庭かがこんなにも多いのかというと、それは日本人の特性上そうだからである。

 

日本人は何だかんだ真似るのはすごくうまくても、自分達でなにかを産み出すということはあまりしない人種だからではと俺は思う。

 

だからこそ俺は本当に儲けたりしたいと思うやつに言いたい。とりあえずブログ書けと。こうして悩んでたり他人の真似事をしている間にどんどんおいてかれているということを自覚してほしい。そう願っている。

 

 

俺もこれから、そろそろ離職票が届くと思うから、それ似合わせて物販事業とかあらゆる事業についてさらに詳しく決めていくつもりだし、今回のブログで新しくなにかアイデアみたいなのももらったから、それに向かって進むつもりだ。そういうことをしつつも、俺は時間があればブログを書くと思う。

 

 

だからもし今このブログだったり俺のかこのブログ見て、俺もブログ始めようかなと思っているそこの君、思っているのなら一刻も早く始めるべきだ。そしてひたすらに好きなことを書けば良い。集客の方法とか学ぶ暇があるならブログ書いたりして独自の経済圏作った方がよっぽどマシだと俺は思う。

 

 

イヤーもうあと少しで先月働いた分の給料入ってくるからお金2.0買おっかなマジで。

 

 

というわけで、今後もこのブログと拙者土橋をどうぞよろしくお願いします。

 

 

というわけでLINE@登録してーwwwwwwwww

 

 


f:id:ddaiske35:20180216193440j:image

にわかは世界をぶち壊す 前編

昨日はぎっくり腰になりかけ、それにもかかわらずセミナーに参加して無一文になり、今日は寝違えて首が痛い土橋です。

 

 

やっとブログ書く暇出来たわ

 

 

ここ最近、ライターの仕事で体力使い果たしてたので、そろそろあかんかなと思って今日一日寝てのほほんと過ごしてました。

 

 

そしてさっきがっつり飯食ってその分全部吐くという訳のわからん状態になってとりあえず寝て起きて今に至ります。

 

 

今回ほんとうは仮想通貨に関することを書こうかなと思ったのだが、Twitterであるツイートを見つけたので、今回はそれについて書いていきます。

 

 

まあまずは下のブログを見ていただきたい。

 

http://shingekisuruhito.hatenablog.com/entry/2018/02/13/221205

 

 

 これは、進撃する人(@mikasa_afilli)というアフィリエイターのブログです。ブログ自体は最近始めたようですが、元々はアフィリエイトサイトを専門にやって来ているとのことです。

 

 

まあ横文字ばっかりで思考回路が爆発しそうな方も多いかと思うので、ここではものすごく雑に書いていきたいと思います。

 

 

そもそもお金2.0って何よって思った方に軽く紹介します。

 

 

お金2.0は著書の名前であり、著者であるメタップス創業者の佐藤航陽さんが、仮想通貨やフィンテック、シェアリングエコノミーをはじめとする新しい経済から、資本主義の先の世界について書いている著書です。

 

 

 その著書を進撃する人さんが読んだうえで、ブログを書いたのですが、ちょうどその時に以前ツイートしたツイートがバズったらしく、そのツイートをした経緯についても併せて書いているようです。

 

 

結構前に進撃する人さんが2年以内にアフィリエイターよりブロガーが優位に立つんじゃないかというツイートをしており、そのツイートが100ふぁぼぐらいにまで達したと言われています。さらに進撃する人いわく、この話は仮想通貨の盛り上がりやGoogle等の規制、人気YouTuberの誕生など、すべてに繋がっていると考えているとのことです。

 

 

なぜそのようなことが言えるのか、ということになるが、それは、

 

アフィリエイトや物販がレッドオーシャン化しているから

 

とのことらしい。

 

 

うわー訳のわからない横文字出しやがったよこのバカ

 

やめてくれー

 

 

まあちょうど昨日(結局このブログ途中でかくのやめたので今書いているところからだと一昨日ということになるのは秘密)それに関する説明をセミナーで聞いたので軽く説明しよう

 

 

 

 

レッドオーシャンとは市場の状況を表す言葉であり、この言葉の対義語というのがブルーオーシャンである。レッドオーシャンとはレッドという色からするに暑いとか激しいとかそのようなイメージを持つと分かりやすく感じるだろう。つまりレッドオーシャンというのは、市場としての知名度はかなり高く、高いゆえに競争が激しい様を表している。逆にブルーオーシャンというのはそれとは対照的に、冷たいとか穏やかとかそのようなイメージがある。こちらも対照的に、知名度としてはかなり低いが、その分ライバルも少なく、先駆者として優位に立ちやすい状況のことである。

 

 

実際今回のセミナーはRev capital fundという事業の説明会であり、その会社の社長である伊藤友一さん自らが会社の安全性を始めあらゆることについて説明する際に、このレッドオーシャンブルーオーシャンの説明もされた。

 

 

ではアフィリエイターである進撃する人さんがアフィリエイターはブロガーに転向するべきだというほどアフィリエイトは厳しいのかということになるが、どうやらそれが真実らしい。

 

 

アフィリエイトにおいて稼ぐために必要なことは、いかにして自分のサイトが上位に表示される状態を維持できるかどうかにある。これは現在ライターとしての仕事もしているのだが、そのときも対策キーワードなどが提供され、記事を書く際も、なるべくそのキーワードを盛り込むように執筆するよう言われるぐらいである。最初の頃はライバルが少なく、その事が用意であったが、これだけ普及してしまうと数日サボっただけでかなり順位が落ちる、そのくらい競争が激しく、なかにはアフィリエイトは割に合わないということを嘆く人も出てきている、というようなことをこの人は言っている。

 

 

ちなみにメルカリ物販でも同じことがいえ、最初は王道だと言われていたこの物販も、参入する人が増えていくうちに競争が激しくなり、あげくの果てには規制などがかかったりと、色々面倒なことが起こるようになっている。

 

かなり前に自分が行っているビジネスを売り込もうとしたときにあった主婦のかたがおり、その際も競争が激しくてなかなか利益が出ないことを嘆いているのは今でも覚えている。そのときに適切なことが言えなかったのも覚えているのであまり良い思い出ではないことも確かだ。しかし視点を変えれば、そんなときからすでにレッドオーシャン化が進んでいたと考えるとすさまじく思える。

 

 

これだけでも十分理由となり得るが、どうやら他にも理由があるとのことらしい。お金2.0曰く、価値には3種類あるらしい。その3つの価値を以下にまとめた

 

  • 有用性としての価値(役に立つとかもうけるとか、ストレートにいうと要は金)
  • 内面的な価値(愛情、共感、興奮等人の感情や考え方に関するもの)
  • 社会的な価値(個人の利益ではなく社会全体の持続性を高める活動。まあ、あれだ、思い付かね~)

 

 

今まで主流となっていたアフィリエイトやメルカリ物販、そしてインフォプレナー等の情報商材系はすべて有用性の価値に重きをおいています。しかしお金2.0ではこう述べられている。

 

 

社会的に価値のある取り組みは利益を出しやすくなっている一方で、利潤のみを徹底的に追求する事業は短絡的な利益を求めすぎて消費者に避けられてしまうか、過剰競争に巻き込まれて長期的な収益を出しにくくなっている。

 

 

まあ確かに一理あるわな。Twitterをやっている人は絶対経験あると思うけど、ネットビジネス系のアカウントに勝手にフォローされてフォローしたらいきなり長文のDM送りつけられたりして、

 

 

うるせえバカ死ね!!!!!!!!

 

 

と思ったことは誰しもあると思います。俺は嫌というほどあります。そしてそういうことをするバカどもは今見事に姿を消しています。ざまあみろって感じですね。

 

 

これはそれを実行したやつも悪いが、そういうことを教えたり、そういうシステムを作ったりしたやつの狂った思考回路が原因でもあり、そういうことをする輩が多いため消費者は避けるようになった。という現実を見た上で上の引用を読むと確かになと納得ができる。

 

 

転売だってうまい人はなぜやっているのかという理由を聞くとなるほどねと納得ができるが、人気がありそうなものしか扱わなかったりする転売ヤーは、ただただ人に迷惑しかかけてないなと思ったりする。そういうやつは殺しても無罪にならないという法律ができてもいいんじゃないかなと思ったりしてしまうほど腹立たしいものである。

 

 

まあこういう思考回路が狂ったやつらも原因ではあるが、今後はさらにヤバイやつらが参戦してくるという。

 

それは、

 

 

AIとブロックチェーン

 

 

である。

 

 

AIは皆さん駄文ご存じだと思うので多くは語りませんが、確かに今ある仕事の半分が今後AIに変わるというのは知っていると思うが、実はアフィリエイターなどの、言わば有用性の価値となるものもAIが変わるかもしれないと、この著書では書いている。また、現在はブロックチェーン=仮想通貨と思われている仮想通貨も、先日のセミナーでも説明していたが、あらゆる技術にもブロックチェーンが使われるようになり、資本主義に価値はなくなっていくことになる、というようなことも書いてある。

 

 

だからこそ今後は内面的価値や、社会的価値を提供できるものにお金が集まるようになる、と著書と共に、進撃する人さんもいっている。

 

 

その例こそが、YouTuberだったり仮想通貨だったりするのである。最近の若い人が高級車や高級ブランド、持ち家にも興味がないという傾向があるのはすでにご存じだと思います。しかし今の若者はその分コンテンツ閲覧や経験、SNSにお金や時間をつぎ込んでいます。

 

 

つまりこれからの時代は自分で情報発信をする人の方がむしろお金を稼ぎやすい社会になるということになるのだ。

 

これはあのホリエモンも口酸っぱくなるほどいろんなところで話しており、しゃべくり007でホリエモンがゲストで出てきたときにもいってたぐらいなので確実とも言えます。

 

そしてそういう面白さや共感、好意を産み出してくれるものを作ると、思わぬ副産物ができる。それが、

 

 

信用

 

ここまでくると何となくなぜこれからはブロガーなどが注目されるのかがわかるはずだ。そりゃそうだよ、どこの馬の骨ともわかんねえやつから化粧品買うより知ってるやつとかダチから買った方がよっぽど信用できるわwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

ということになる。

 

 

ちょっと結構長くなりそうなので一旦区切るか。

 

というわけで次のブログではブロガーになることのメリットと、題名にもあるように大にわかディスり祭りを開催します。

 

 

やべえ久しぶりにテンションたけえわ。

 

 

 

ではまたあとで

 

 

 

 

 

 

 

 

仮想通貨の投資は、通貨を買うだけじゃないゼ

最近ライターの仕事を本格的にやるようになって、そのライターの仕事でもブログののりが出そうになっている土橋です。

 

 

 

 

まあ昨日からやり始めたけど昨日はツールの使い方がマジでわけワカメやったわ。さっぱりって感じ。でもついさっきまでで14本中2本終わらせたことになるからここからガンガンいくぜ。ふへへへへへへ。

 

 

あ、そういえば俺のブログのアクセス数の連続記録昨日の時点で終わっていたな。

 

 


f:id:ddaiske35:20180208001806j:image

 

 

まあでも、連続記録が始まった先月の27日な、ブログかいてないんだよな~wwwwwwwwww

ほんとここ最近ブログかいてないのに一日のアクセス数が8とかいってて、何があったんだって思ってしまうことが多々あるんだよな~。成人の日には無駄にアクセス数が15もあったし、世の中怖いわ~

 

 

まあそれはおいといて、実は今、さっきまでライターの仕事をしていたので、普段ブログ書くときはスマホからやっていたのですが、今回は珍しく、ライターようで使っているタブレット等を使って書いています。まあ勢いってやつです。はい。

 

ちなみにこんな感じです。

 

 
f:id:ddaiske35:20180208002717j:image

 

 

、、、暗くね?

 

 

まあいいや。

 

 

まあ最近テレビのニュースでも話題になっている仮想通貨の流出騒動。そしてそれに関連して暴落する仮想通貨。さらにそれに乗じているのかなんなのかわからないが無駄に暴落している株価など、今投資形は、大暴落時代といってもおかしくない状態になっている。しかもこのあと確定申告も近づいているため、ノリで億り人となった庭かパリピ共は右往左往しているのであろう。

 

 

そんな最中、昨日久々にあるサイトに入って、ダメもとでログインしてみると、ある奇跡が起こって再び最強のウェポンとして俺の前に復活してくれた。

 

 

 

そいつの名は、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

USI-Tech!!!!!!!!!!!!!!

 

 

もう今日はキーボード使っているからいつもより調子こいてるよ~ものすごくうざいぞ~

 

 

簡単にいうと投資案件です。そうだなー一時期プチ流行したものでいったら

 

D9的な?

 

 

簡単にいうとそんな感じです。

 

 

こういうタイプの投資案件でまず気を付けなければいけないこと、それは、

 

 

どうやって配当金が発生しているのか

 

 

ということである。

 

 

この部分がはっきりしていないと、もしかしたら知らず知らずのうちに犯罪に巻き込まれていることになりかねない。

 

ちなみにこのUSI-techは、仮想通貨のAIトレードシステムによる利益がそのまま配当金として分配されている。ちなみにそんなすげえもの使ってるんだったら俺もほしいわ、そう思った方、甘いぜ。

 

元々このAIに夜トレードシステムは、富裕層向けに提供されているもののため、仮に購入しようとすると、たぶん10ビットコインは余裕で変えるほどの値段である。そんなものを買うよりは普通に仮想通貨を買った方が身のためだと思うぞ。うんうん。

 

 

話を戻すが、そのある奇跡というのは、元々は俺がやらかしてしまったことがなかったことになっていたことだ。

 

そのやらかしたことというのは、元々このサイトというのは、日本語が設定されていない。そのため会員登録も含めて基本は英語で入力することになる。英語で入力となると、当然名前の順番や住所の順番も逆になる。会員登録ではやらかしていないが、俺がやらかしたのは、そのあとの秘密の質問の設定のときだ。たまたまGoogle翻訳で日本語訳されていたのでついつい日本語で入力した。しかしサイトは日本語に対応していない。それなのに日本語で入力した。ちょうどそれをやらかしたのが去年であったので、この出来事が、去年のやらかしたオブ・ザ・イヤーの大賞をとったと思っている。

 

 

それから放置することにして、どうやらその間に俺が買ったパッケージの期限が切れていたらしく、そのままになっていたが、昨日不意に思い立ってログインしてみると、なんと改めて秘密の質問が設定できるようになっていた。そこですかさず再設定をし(今度はミスってないからな)、なんとか復活させることができたのだ。

 

 

(  -_・)?

 

 

放置してそのあいだにパッケージの期限が切れたんだよな。そのあとどうなるの。てかパッケージってなに?

 

 

まあ詳しい話を聞きたいという方は、ライン@を追加してきいてくださいwwwwwwwww

 

 

 

まあそうだな、簡単にだけど特徴を説明するか

 

ざっくりいうとこんな感じ

 

  • パッケージの最低価格は約7000円
  • 支払いはビットコインでの支払いが一番楽(他にもあるけどやり方がワケわからん)
  • 配当は月曜日~金曜日まで平均2%ぐらい(ここでいう月~金というのは、あくまで本社のあるところが基準。日本ではない)
  • 利益が140%になるまでかもしくは半年が有効期限(有効期限が過ぎた時点で未出金分の利益が最低出金額よりも下だった場合は出金できないもののそのまま別のものに繰り越したりすることも可能)
  • ちなみに一定の金額がたまったらいつでも出金可能。(取引所に送ったりブロックチェーン等のウォレットに送ったりできる)
  • 最近ではUSI-techコインのトークンもパッケージ購入時にもらえるらしいが、その点についてはまだ調査中

 

 

とまあこんなかんじだ。もし詳しいことが知りたければ、ライン@等で教えてやる。

 

 

今日は疲れたからこの辺でおいとましますだ。

 

 

それでは。

 

P.S.

 

念のためリンクはっとくでよ

 

https://1061433.usitech-int.com

 

 

 

 


f:id:ddaiske35:20180208001859j:image

 

 

独りよがりな世界は滅びる

ニートになったらなったで、離職票が送られてくるまでが長い。そのせいでタバコの減りも早い早い。だれかメビウスのオプションパープル買ってきて~8ミリのやつね~

 

 

という訳でどうも土橋です。

 

暇です。

 

 

暇すぎて暇人見聞録の暇人を暇神にしてやろうかと思うぐらい暇です。

 

 

そして変な時間に昼寝したので寝れません。

 

 

明日午前中にAmazonから注文した米送られてくるし、そのあと赤レンガ行くしで予定あるのに~

 

 

まあいいや

 

 

という事で今日もまた時事ネタ的なものですが書きます。

 

 

今日はこの方です!

 

どどん!

 

 


f:id:ddaiske35:20180205011839j:image

 

 

このじいさん誰やねん?って思った方、

 

 

即刻挽き肉にしますよ

 

 

この方の名前は

 

 

佐々木 正

 

先日1月31日、102歳でお亡くなりになりました。

 

彼はシャープの元副社長であり、電卓の産みの親である。そして、シャープを世界的な電機メーカーとして育て上げた、伝説のエンジニアだ。

 

ソフトバンク孫正義や、アップルの顔とも言えるジョブズ氏も彼に憧れるくらいの存在であった。

 

 

今回このブログを書くにあたり、彼の経歴を調べながら書いているが、ほんとにこの先生きていく上で大事だなと思うことがちりばめられており、それと同時に、かなり前から日本は既に終わってるなと思った。

 

 

彼のその何者にも囚われないイノベーショナルなスタイルは、幼少時代から既に出来つつあった。

 

 

1915年、大正4年に彼は生まれた。島根県浜田市に生まれた彼は、親につれられ新天地とも言える台湾に移り住んだ。当時台湾は、生前の日清戦争日露戦争に辛くも勝利し、台湾、韓国、中国の一部を領土としていた。

 

幼少期から思春期までというのは、どんな人間になるかが形成される重要な時期であり、そんな時期に外地で育った彼は、島国根性何てものはなかった。もし彼が生まれも育ちも日本だとしたら、今の世の中はかなり違ったものになってたはずだ。

 

 

孫正義ジョブズが憧れるほどと先に書いたが、実は二人とも彼と関わっているのだ。

 

ジョブズは当時、ジョン スカリーとの権力闘争に敗れ、アップルを追放されていた。そんなとき、助言を求めて、当時東京支社長の佐々木に会うために来日した。そのとき佐々木が

 

これから何がしたいんだ?

 

と質問した。

 

それに対しジョブズは、こう答えた。

 

音楽、かな

 

それを聞いた佐々木はすぐに、ソニー大賀典雄に電話をし、すぐに会いに行くよう言った。そしてそれが後に、iPod誕生からのジョブズの逆襲劇の始まりとなった。

 

一方孫正義は、学生時代に開発した自動翻訳機を用いて起業資金を集めようとしていたが、その起業資金として初めて1億6千万を与えたのが、佐々木であった。その後はソフトバンクをはじめ多くの革命を起こし、今ビジネスを全力で頑張る全ての人の憧れとなっている。

 

 

韓国のサムスン半導体の技術を供与した際、佐々木は経済産業省から国賊と罵られていた。

 

もし自分がそういわれていたら、俺はこう答えた。

 

 

うるせえ!てめぇらみたいなオワコンのカス共にガタガタ言われる筋合いはねぇ!とっとと死にやがれクズ共が‼

 

と言っていたと思うが佐々木はこうは言わなかった。そりゃそうだわな。うん。

 

佐々木は飄々としており、こういっていた。

 

 

技術者は会社のために働くのではない。国のためでもない。人類の進歩のために働くのだ。

 

 

まさに技術者としての鏡だわ。そういう人こそが良い世界を作っていくと俺は思う。

 

佐々木は常に、共創ということを常に意識していた。彼の言葉にこんな言葉がある。

 

いいかい、君たち。分からなければ聞けばいい。持っていないなら借りればいい。逆に聞かれたら教えるべきだし、持っているものは与えるべきだ。人間、一人でできることなど高が知れている。技術の世界はみんなで共に創る『共創』が肝心だ

 

技術者だからこそ、というのもあるかもしれないが、これはビジネスにおいてもとても大事だなと思った。

 

俺が元からいるビジネスコミュニティも、昔も今もだれかが情報を共有したり、お互い助け合ったりして、それでも辞めていった奴等もいるけど、創世記から生き残ってるメンバーもいる。

 

俺は結果はくそも出せてないけど、それでも精神的支えとして慕われているし、だからこそ、この天上界と下界の狭間にいたコールセンター時代でも、天上界であるビジネスを選んだ。どんなになっても、それでも待っていてくれた仲間に報いるため、そして、少しでもなにかを変えたいと思って飛び込んできた新たな仲間を全力でサポートするために。

 

 

今日は朝起きて、自分がこれからやろうと思う事業の具体的な計画を練っていたが、そのなかでも気づくことが多く、今まで知らなかったことも知ることが出来た。

 

 

という訳で、今日はある伝説のエンジニアである佐々木 正について俺なりに書きなぐりました。

 

 

やべえそろそろライターの仕事の方てをつけなきゃやべえ~

 

 

とりあえずおやすみなさい🎵

 

 

LINE@追加してね🎵↓↓↓

 


f:id:ddaiske35:20180205022419j:image