暇人見聞録

大体ものすごく暇なときに思ったことをありのままで書きます

無気力な社会人が多い理由

どうも土橋です。お久しぶりです。

 

ちらっと最後にブログ投稿したのいつかみたら6月だったのをみてやべえやんって思いました笑

 

 

色々ありましたね〜

 

チェスターが死んだとかチェスターが死んだとかチェスターが死んだとかチェry

 

まあそれに限らず色々ありまして、なかなか書く暇もなく、あったと思ったら好きな人に対する思いが冷めて書く気にならなかったり

 

まあ正直今も好きな人に対する思いは、う〜んもう諦めるかなって気持ちは少しある。

 

 

まあそんなこんなで、今日もやっていきましょうか。

 

てなわけで、今日の題名は

 

無気力な社会人が多い理由

 

です。

 

今までは何て言うか、こうしようぜとかこういう生き方したらどうよ‼的な感じだったのだか、まあ後半なんやかんやそんなおわりかたになりそうな気もするが、、、

 

そこはとりあえず置いといて、今までは提案的なことをバンバンいってきたが、今回はあえて、なぜ今こういう現実になっているのかを、自分なりに解釈して思ったことをただいうという感じでいく。

 

 

1.目標がわからなくなるから

 

いきなり私事になるが、妹が現在中3である。今中3であるということは、すなわち受験生である。

 

いきなりなに言い出すんだこいつはって思ったかも知れないが、実はこのことこそが社会人と学生(この場合の学生は高校生までのこととする)の違いである。

 

小学校から中学校までは義務教育のため、私立の中学校に行くと決心しない限りは、自動的に行けるが、高校からは義務教育ではなくなるため、当然高校に入るには試験を突破しなければならず、そのためにも勉強というものが必要になる。

 

このときというのは、この学校に行きたい!とかこういうことを学びたい!とかそういうはっきりとした目標があるため、皆一心に努力する。また、その目標を達成する手段が勉強しかないというのも、そういう目標に向かって頑張るということが容易いのだ。

 

対して、社会人になってからの目標とは何か。と言われると、いろんな答えが帰ってくる。高級車乗りたい、とか、親孝行したい、とか、独立したい、とか色々言われる。ではその目標を達成するにはどうしたら良いのか、と言われると、大概の人が口を閉ざす。

 

このように、学生と社会人の違いは、道が一本道か分かれてる箇所が多い道か、というような違いである。大概の人がとりあえず会社に入って、なんとなくそこで人生を送る、という具合になっているのだ。

 

だいぶ昔に読んだ四コマ漫画で、こんな感じの内容のネタがあった

 

学生のころは学校に来て、机に座っていれば先生が授業を教えてくれた。

 

しかし社会に出たら、教えてくれる先生など誰もいない。

 

とりあえず地面に座っていれば誰かが何かを教えてくれるかもしれない。そんな若者が出てくるかもしれない。

 

という感じのネタであった。

 

流石に地面に座りだすやつはいなくても、それに近いようなやつは結構いると思う。俺的には就職試験とか履歴書に

 

何でもやります!

 

とか

 

言われたことはきちんとやります!

 

的なやつはたぶん今いったやつに当てはまると思う。

 

パリピだなんだ騒いでるやつらいるけど、ああいうやつらは大体英語さっぱりわかってねえだろうなって思うし、そういうの見てると何かぶん殴りたくなるのはここだけの秘密ね。

 

という訳で、今までは俺らの中で見て思ったことを書いていました。

 

これ見て中間管理職とかについてそうなオッサンどもが、あ〜めっちゃわかる〜とか思ってるかも知れねえけど、今度はお前らも原因だぞ的なことを書いていきます。覚悟しておけ!

 

 

2.己のことしか考えてない糞共

 

まあこれはね、誰しも思ったことあるでしょ。何もわかってないくせに上からベラベラもの言いやがって、とか、役立たずの癖に偉そうに、って上司や先輩に対して思ったことは、少なからずあるはず。

 

大概そういう上司や先輩というのは、はっきり言いましょう。

 

ほんとに役立たずです

 

まあ一番有名なのは、某電通の新入社員が自殺してしまったやつですね。最近は、身内で亡くなった方がいて忌引きで休んだ社員に対して、会社が忙しいときになくなるなんて、空気の読めない一家だ、というクズ発言をしたゴミもいるぐらい、世の中にはそういうやつがいるんです。

 

そんなやつに自分の夢とかやりたいことを言っても、帰ってくる返事は、いいから仕事しろ、という返事。

 

最近ではドリームキラーとかいう害悪もいるもんだから困ったもんだ。

 

という訳で、これ以上かいたら、殺意がわいてくるのでここまでにしておきます。

 

まあこういうことを書いて、毎回見ている方もいると思うが、そのなかには少なからずネットビジネスをしている人もいるかと思う。

 

という訳で、次回は、そういう夢とかやりたいことがあるやつを食い物にしようとしてる害悪ネットビジネスバカに全力で喧嘩を売る予定なのでよろしくです。

 

という訳で、近所のマックに行きます〜

 

ではではっ

 

 

お前ブスだけどんなもん知らねえから旅出ろばかやろ〜

絶対俺仮眠室で爆睡できる自信あるわ

 

という訳でどうも土橋です。

 

何か、コールセンターの求人とかでたまに仮眠室あります的な、24時間受付的な感じでやってるところとかがそういう配慮してると思うのだが、仮眠だって言われてもいざ寝出したら平気で5時間は寝てたって、わりとあるあるじゃない?と思ったり。

 

え〜まず、申し訳ないですが、今回もGT6の車紹介的なやつ延期させていただきます。

 

まあ、まだ写真とれてないとかなんですけど、これはネタバレ的になりそうであまり言いたくなかったですが、この企画3部構成で行こうかと思ったりしてます。まあ、詳しい内容とかはまた、そのときに言います。

 

では早速、本題のほうに行きたいと思います。

 

 

これは、ついさっき気づいたのですが、ビジネスをはじめて、実は今月で

 

1年経ってるんですよ

 

だからという訳ではないのだが、実は今日、久々にガッツリとした一人旅をしてきました。

 

実は高校の時から、JRで出ている1日散歩切符という、何ともコスパの良さそうな物を使って旅をしてみたいなと思ってて、思いつつも忙しかったり、金がなかったりでなかなか実現には至らなかった。

 

本当だったら、金を稼ぐために今月の5連休潰そうかなって思ってたりもしてたが、どうにもそんな気になれず、結局そのまま残しておいたのだ。

 

今日はその1日目であり、寝てすごそうかなとも思ったが、その例の切符の使えるのが、土曜、休日のみであり、ちょうど日曜日だったので、何かこれは神様が行けって行ってるんじゃないかと思い、天気はあいにくでしたが、それでも強行突破で言った次第です。

 

まあ結論というか、感想になりますが、

 

行って大正解でした

 

前のブログでもちらっと言っていたが、仕事面でも私生活やビジネスでも、色々好転していると言っていたのだが、それと同時にさらによくしようという気持ちもあった。

 

そういうときだったからこその今回の旅だったなと思い、そのお陰で、今まで以上にしょうもないことに気づきやすくなり、それと同時に、今まで以上にしょうもないことを思い付くようになりました。まあそれだけではないが笑

 

要するに、あらゆる事に対してさらに敏感に反応できるようになりました。そしてそうなったからこそ、今月がビジネス始めて1年じゃん、って気づいたわけです。

 

まあまず、一年前と変わってるかって聞かれたら、正直

 

変わりました。

 

もしあのとき、やるって決めずにあのときの仕事を続けてたら、下手したら刑務所にいるか、あの世にいるかでした。少なくとも、仮眠室で爆睡できる自信があるとか、そういうしょうもないことは全くと言っていいほど言えなかったと思う。

 

そして、ビジネスって言うことで絶対聞かれると思うが、稼げているか否かということだが、そうですね

 

稼げていますね。

 

ただ、同時期に始めた友人たちと比べたらまだまだだが。

 

ビジネスやってる人ってみんな口を揃えて数字がすべてだとかなんとか言うと思うんですよ。まあ確かにそれが事実なのも十分わかるし。

 

ただ、ろくにビジネスも何もしたことのないやつらに、俺の稼ぎを聞いて、くそも稼げてないじゃんと思われるのは、正直むかっ腹がたつ。

 

まあ、1年この世界にいて思ったのは、大体今上でかいたやつらって言うのは、秒で消えていったね、って言うこと。簡単に稼げるとかなんとかいってるが、はっきり言ってくそほど簡単じゃない。少なくとも同時期に始めて、今の時点で月収100万越えてるやつらは、それなりの苦労と、努力をしている。

 

水道止められたり色々あっても、それでも気合いでやり続けたやつは今月収100万だし、胃腸炎になって大阪で死にかけても、目の下のクマがえらいことになってもなお努力を続けて、俺が金がないやって言ったら、うちと遊ぶにはまだレベルが足りないね🎵ってバカにしつつも、それでも俺に尽くしてくれてるやつもいる。

 

中には、それなりに結果出してたけど、精神的に限界が来て、やむ無く去っていった仲間もいる。けど俺は、そういうやつらに対しては、むしろよく頑張ったと称賛をする。

 

それでもお前は数字で決めつけるのか。それでもお前はくそだなといい続けるのか。少なくとも今バリバリ稼いでいるやつらは、一円でも多く稼ぐ事がどれだけ大変かわかっているやつらだ。俺も努力して、っていうか努力が足りなかったと思うが、そいつらがどれだけ努力したか、そいつらがどれだけ身を削ってきたか、お前らは知らなくても、俺は知っている。ずっとそいつらのことを見守ってきたから。

 

ほんとに今1年たったからこそ改めて言いたい。今ビジネスやろうか迷ってるやつら、マジでやっちゃえ!

 

まあ、稼ぎは努力次第って感じだからどれだけ稼げるかはわからない。けど、少なくとも1年前の俺は、少量の額でも稼いでいる自分を想像することも出来なかった。そんな俺ですら稼いでいるぐらいだから。

 

あとは今の現状的なものだが、今年は仮想通貨元年と言われるくらい、仮想通貨が熱い。ビジネス始めたとき、最初に始めたのが、ネットビジネスを教える学校という、いわば教育ビジネス的な感じだった。まあメインがMLMだったのだが、あまりそこでは稼げなかった。

 

しかし仮想通貨のすごいところは、持ってるだけで増えるということ。こんなゲームで言うベリーイージーなものは、まあ今後どうなるかわからないけど、このくらい簡単でシンプルなものは、想像ポンポンと出ないと俺は思う。

 

とまあ。今書いたのは、始めるか迷ってる人に向けたもの。今回の題名については、始めるか迷ってる人だけでなく、すでにやってるやつらにも言いたい。

 

今回の題名は、あることわざを軽くいじったものだが、もとのことわざがこれだ

 

可愛い子には旅をさせよ

 

子供のうちにいろんな事を学びなさい的なことわざ、だった気がするが、なぜ今回の題名があんな感じになったのか。

 

原点回帰しろよ

 

ってことです。

 

まあ、実際のところ原点回帰だけじゃないですが、、、

 

仕事でも、ビジネスでも、何にでも言えることだが、人間はなれてくるとその作業に意識するあまり、今までと変わってるかどうかの実感がわからなくなるもの。何かよくアニメとかで、俺は成長できてるかな、とかなんとかそんなやつ。

 

まあいくら周りが成長してるよっていってくれても、やっぱり一番信用できる自分自身が思えないと意味がない、と思ったり。

 

じゃあマジで旅に出たほうがいいのか、

 

まあ〜そうですね、

 

ほんとに出ちゃいましょう!

 

というよりも一番大事なのが、今自分がやってる作業の手を一端止めようぜ。ということです。

 

MLMとか投資とかで色々アポとったりしてるその手を一端止めようぜ。fxとかで売りとか買いとかなにやってるか知らんがとりあえずそのポチポチ一端やめようぜ。一端今やってることから離れようぜ。ということです。

 

例えるならば、彫刻家がガンガン彫ってて、できたときにちょっと離れたところから見ることと一緒。彫刻家とかは形として現れるから分かりやすいが、これは内面的なことだからなかなかわからないもの。

 

とにかく旅に出たりして、自分と言うものを改めて芸術作品として別の視点で見つめ直すこと、これこそが今後の成長を左右する重要なことだと俺は思う。

 

今回旅に出たのも、今回5連休を残したのも、このためだと思う。

 

今まで共にやってきた仲間たち、そして今も共にいる仲間たち、そしてサポートしてきてくれたアップラインの方々に告ぐ。今すぐリュックひとつだけ持って好きなところに旅をせよ‼とにかくやりたくてしょうがなかったことをやれ!

 

そして菊池、多分また見てると思うから暇だったら拡散してくれるとありがたいな〜。何てね🎵

 

という、今心のなかにあるものを、中島みゆきさんのヘッドライトテールライトという曲を聴きながら全部吐き出しました。

 

という訳で明日も早起きなので、お休みなさい!
f:id:ddaiske35:20170626002957j:image

 

↑ちなみに今日撮った写真の一枚っす

じょうしょうしつつも、じょうしょうせよ

どうも、土橋で

 

 

わざとです笑

 

今日は、、、、

 

ってその前に、

 

今、今日はって打とうとしたときの予測変換の最初が脅迫だったのがわりとウケたwwwww

 

なんでよって思ったわwwwww

 

という訳で、今日は本当だったら前回で言ってたGT6の俺の所有車大放出的なやつをやろうとしましたが、急遽予定を変更します。

 

まあなんとなく理由は察することができると思うが、、、

 

 

もう多分皆さんご存知かと思いますが、市川海老蔵の妻であり、フリーアナウンサー小林麻央さんが、22日夜、お亡くなりになりました。

 

Twitterとか見てると、海老蔵が会見やる前に速報で流したマスコミはクズだ、とか、まだ34歳なのにかわいそう、と追悼の意を表する方もいれば、大して興味もなかったのに、いきなりブログとかスクショし出して、ずっと好きでしたとか言い出すにわかくそブスな女子中高生がで出す等々、思うことは人それぞれである。

 

 

朝、海老蔵さんが14時半に会見を開くとの知らせがあり、それと同時に公開したブログのタイトルが、人生で一番泣いた日、であった。

 

別に今このブログで、マスコミは殲滅しろとか、全員一回死ねとか、そういう批判全開なことはいうつもりはない。というか、するだけ無駄だと思う。どうせそういうやつらは聞く耳すら持たないから。

 

もし仮に、自分が麻央さんの親戚だとして、なくなった麻央さんにどんな言葉をかけるか。

 

俺はこう言うね。

 

お疲れ様

 

まあ、なんやかんやこの世界に生きて21年たつけど、その間に自分の親戚も死んでしまった人もいるし、さすがに友人でなくなった人はいないが、妹の友人の妹がなくなることもあった。あとつい最近だったら、廊下ですれ違った時にたまに挨拶する程度だが、同じ職場で見たことのある先輩がなくなったのもあった。

 

そこで行かないでって思うのもわかるが、かといってそれで戻ってくる訳でもないし、なんで死んじまったんだって言われても、別に死にたくて死んだわけじゃない場合もあるし。

 

なぜお疲れ様、というのか、その理由のひとつは、麻央さんが乳ガンと宣告された時から始めたブログにある。まあ内容はともかく、そのブログを書くという行為そのものが、個人的にはすごいと思う。

 

決して認められたくて書いてるわけじゃなく、ただ死が近いからこそ、自分のすべてをさらけ出す。そうすることで、揺るぎない信念ができてくる。そう思った。

 

テレビで海老蔵さんの会見の模様を流してるとき、丁度俺は昼休みの時だった。そのとき、ある思いがわき出てきた。

 

そしてそれと同時に、今まで以上に全力で生きようと心に決めた。

 

後悔先に立たず、ということわざがある。何事も後悔が先に来ることはないという意味だ。

 

そこら辺の適当なことしか言わないインチキネットビジネスどもとか、そのなかでも真面目にやってる個人事業主も、色々言ってはいるが、ただひとつ口を揃えていうのが、後悔しない人生を送れ、という。

 

自分も、今好きな人がいて、少しでもその人に追い付くために、こうして仕事も副業も頑張っており、それが項をそうして、新人のトレーナーに抜擢されたり、仲間からいろんな案件を教えてもらったりと、あらゆる事が好転してきている。

 

だが、それを良いことにのんびりしてると、また元の木阿弥となる。

 

人間の死というものは突然来る。何気ない見送りが最後に見た姿だったなんてことも普通にあり得る。

 

そんなときに、というよりそんなときじゃないときでも、常に自分に言い聞かせている言葉が、今回の題名である

 

あえてひらがなでやったが、どう変換するでしょう?

 

 

 

答えは

 

 

 

常勝しつつも上昇せよ

 

自分が成長するには、まず周りのやつらの上にたつこと。それができたら今度はその状態を保つ、これが常勝に当たる感じで、ただそのままでいるといつか必ず追い付かれる。だからこそいっそのこと誰も踏み入れたことのない領域に向かって上昇せよ、という意味合いだ。

 

今回の件で、それに誰のために常に意識するか、というものが加わった。自分のためだとここまでにはなれない。だが、愛する人と一緒にいようとするため、愛する人に寂しい思いをさせないために、ひたむきに客と向き合いつつも、センターでの絶対的エースと呼ばれつつも会社に貢献し続ける。

 

 

最後に、今言いたいことを言って終わる。

 

 

好きなことをやれ!悔いを残すな!そして、それを止めようとするやつを抹殺するつもりで生きろ‼

 

P.S.

 

あえて名前は言いませんが、もしかしたらこのブログを自分の好きな人が見ているかもしれませんし、これは確実だと思うが、投稿したら必ず見るというその人の友人も必ず見ていると思うが、もし見ていたら、こう伝えといてください。

 

俺は必ず追い付く。だから、ずっとそばに居させてください。愛してるよ!

 

ソバ?うどんもいいな〜何てね🎵

 

終わり

 

 

現実以上、空想、、、以下?

さっきまで恋愛がらみの悩みで、いっそのことブログやめようかとも考えていた土橋です。

 

いや、辞めねえよ。普通にやりつづけたるわ。なんなら書いちゃまずいこと書きまくって公安に目付けられたるわこのやろう。

 

まあ冗談や冗談。てなわけで、いい加減あのシリーズに手を着けたいと思います。もう久々過ぎてタイトル忘れた笑

 

あ、書く前にひとつ。この今書くやつのシリーズ、一端今回をもってやめにします。まあ理由は、書いててあらゆるヤル気が削がれて行く感じがして、読者も作者も何かあれかな?って思いますゆえ。

 

まあ、暇なときにいきなりやりだすので、そのときまでしばしさらばって感じでお願いします!

 

さあて、今回紹介するのはこいつだあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッッッッッッッッッッッッッ

 

 

 

 

 


f:id:ddaiske35:20170601012956j:image

 

はい

 

まあ、みなさんご存じの、

 

GRAN TURISMO

 

シリーズ6作目のやつですね。

 

正直言って、You tubeにある動画で見つけるまでその存在すら知りませんでした。

 

だって〜、よくヨドバシとかビックカメラとかのテレビのエリアでバンバン流れてたの5のときだったんだも〜ん

 

まああのときのあの映像美がすごすぎて、衝撃でしたわ。

 

何でわざわざ今回GRAN TURISMOなのか。まあ、色々噂になっているGRAN TURISMO sportがついに発売するんじゃないかってことで、だからこそ知るべきなんじゃないか?と思ったり。

 

 

何か噂ではついにポルシェが出るとかでないとか。まあフェラーリとかランボルギーニとかが出てるから、そうなるとってところもあるわな。うんうん。

 

あ、このゲームの特徴?今回の題名を見て想像してくださ〜い

 

 

あ、ごめんなさいごめんなさいちゃんとやります〜

 

ただ、ほんとにその通りなんですよ。いやマジで。

 

これは記念すべき第一作から、生みの親である山内一典さんが

 

ドライビングシミュレータである

と言っているぐらいである。

 

レースゲームと言わずにドライビングシミュレータと言っちゃうあたり、さすが天下の一典様は言うことが違うね〜

 

ちなみに、今回紹介している6が出た2013年は、第一作目が発売されてからちょうど15周年とのこと。今回の写真のやつは、その初回番のジャケットである。

 

なぜこのゲームの特徴を今回の題名にまでさせたのか

 

それは、そのくらいよりリアルと未来を突き詰めてるからである

 

リアルで言えば、実際にこのGT6を使ったドライビングスクールであるGTアカデミー(現在は開催していない)が行われたり(ちなみに、前作のGT5でも行われた。こちらも現在は開催していない)、そのアカデミーの卒業生が実際のレースで活躍し、中には優勝者もいるとか。

 

名前は忘れたが、現在日本で行われている、Super GTレースで活躍している外国人選手がいて、その選手がこのGTアカデミーの卒業生だったとのこと。ちなみにその彼は日産の車でレースをしているとのこと。

 

それ以外で行くと、今まさに行われている(か終わったぐらい)ニュルブルクリンク24時間耐久レースで、クラス優勝も果たしたことがあるとか。ちなみにこのときは、生みの親である山内一典さんもステアリングを握ったとのことで、その際のレース車両も収録されている。

 

未来で言えば、このゲームの最大の特徴と言っても過言ではないこれだろう

 

それは、、、

 

ビジョングランツーリスモ

 

これは何かというと、実在するメーカーが、このゲームのために開発したという車がここに集められている。日産や三菱、スバル、トヨタはもちろん、海外ではメルセデス・ベンツBMW、さらにはMINIまで参加しているという。

 

まあ、このゲームの特徴とかははっきり言って、これ以上かいたらきりがないので、とにかくこの一言に尽きます。

 

 

とにかくやってみろ

 

それに尽きます。

 

そのくらいやることはシンプルなはずなのに、とんでもなく奥深い。普通のゲームとは一線を画しているこの世界観。

 

という訳で、このシリーズは一端終わりにしますが、何か書いてたら自分が持っている車を自慢したくなってきたので、次回はただただ自己満な感じになるのでしばしお付き合いを

 

終わり

 

ブログやって思ったこと

ゴールデンウィーク?うるせぇ!

 

という訳でどうも土橋です。

 

もうぶっちゃけDoverはアーティスト名義で使おうかなって思ったり

 

ゴールデンウィークも4日目らしいね〜ってそんな気がしない。何せ普通に仕事だからさ〜あははははははははは

 

、、、いやまあ時給上がるから普通にシフト入れただけだし、、、

 

という訳で、今回も前々回のシリーズにつきましては、おやすみとさせていただきます。

 

理由は、今回のテーマは、はっきり言って、

 

題名からして正反対だから

 

最近の近況を伝えてなかったが、前回のブログよりちょっと前から、実はちょっと仕事を休みがちになり、元々あるうつ病の疑いの症状もあり、最近ははっきり言ってクズの極みのような日々を過ごしていた。

 

前回のブログではすごくいつも通りな感じがするかもしれないが、ほんとは全然本調子ではなかった、というのが本音。

 

好きな人とラインしても、返事がなければもういい、とか自殺する、とか。気がつけばそうやって注意を引き付けている自分がそこにいた。

 

だが、今冷静に考えれば、過去にもそのようなことで幾度となく恋愛等で失敗していた。今日になって、その事に気づいたし、その事をまたしていることにも気がついた。

 

今回この題名にしたのも、今までの遠回しな表現(と言って良いものか、、、)ではなく、自分が言いたいこと、自分の考え、思い、全てをドストレートにぶつける、そのスタンスでこれになりました。

 

なので、ほんとに、ありのままに全てをさらけ出したいと思います。

 

確かに、クズの極みのような部分もあるし、へたれですぐ諦めて、メンタルも弱い。ただ、それでもその事を上回るほどギラギラした自分もいる。実際にそんな時期があった。その事を証明してくれるもの。それは

 

今までのブログ

 

一部くそみたいなやつもあるが、それでも、今まで書いてきたブログは、書きたいときに書いてきたもの。そしてその時というのは、紛れもなく

 

誰よりもギラギラした、エモーショナルな自分であったとき

 

武田鉄矢がだいぶ前にこんなことを言ってた

 

自分が苦しいとき、一番の励みになるものは、過去の自分だ

みたいなことを言ってた

 

人間、生きているうちに必ず壁にぶち当たる。そうでもしないと、より早く、より強くならないから。

 

自分も、過去に何度も死のうとした。そしてその事は今も思ったりすることもある。だがそういうときに限って死ねないのもまた人間である。

 

今は解散してしまった、俺が好きなnaifuというバンドの、広がる青に飛びだせ、という曲の歌詞の一部

 死ぬ気になれよ。死にやしないから。当たって砕けろ。砕けないから。

 

という訳で、今日という日をもって、腐った性格の自分を終了します。といっても、また出てくるかもしれませんが、それでも、またぶち殺すつもりで、何度でもよみがえってやります。

 

最高にくそなブログになりましたが、最後に、一番ギラギラした自分にさせてくれた最愛の人に、言いたいです。

 

全部片付けてから、お前の全てを助けに行く。だから、絶対に負けんじゃねえ‼あと、お前の左側、俺がつくから空けとけよ‼

 

寒いわ〜部屋。という訳で終わり

 

 

ケツ毛ごと愛せ

何か銀魂がしれっとよりぬけ銀魂さんになってたらしいな〜道理で最新話出ねえや

 

という割と銀魂好きのど〜ば〜こと土橋です。

 

といっても見始めたきっかけがたまたまテレビのチャンネル色々いじってて、その時たまたまやってたのが銀魂だったという、なんというか不可抗力というかそんなや〜つ

 

しかもシリアス系の話ではなく、グダグダ系の話から見始めたのも、ある意味たまたまかもしれない。

 

タマタマのタマタマが、タイヘンナコトダ〜

 

という訳で、前回から始まった会社辞めてゲームばっかしやりたいんじゃい‼(切実)というシリーズをやりはじめましたが

 

あれ、タイトルこれだっけか。わかんね〜まぁいいや

 

とりあえずそんなこんなですが、今日はそのシリーズではなく、また恋愛がらみのことをつらつらと書きたいと思います。

 

つらつらではない。桂だ!!

 

誰も呼んでねえよ笑

 

ものすごい私事ですが、この間好きな人にようやくプレゼントを渡すことができました。

 

というのも、元々彼女の誕生日が3月の23であり、本来はその時に渡そうと思ったのだが、ちょうどその時彼女が東京に行っており、それが全ての始まりでもあった。

 

その後31に帰ってくるかと思いきやさらに伸びたり、途中実は彼氏居るんじゃないかとか色々疑ってしまったりもした。本人はいないし作るつもりもないと言ってたので一安心した。

 

その後は自分のバイトもありなかなか会えなかったが、今月の21にようやく会えた。そしてその時プレゼントを渡した。

 

だが、これから書く内容、というかなぜこの題名にしたのか、それを含めた出来事というのを含めると、実はまだ終わりではなかった。

 

プレゼント渡したあと、彼女が後でラインするわといっていた。しかしその後ラインは来ず。その後こっちからラインしたところ、なんとかなりの時間寝ていたとのこと。まあプレゼント渡したときも、最近睡眠時間が短いって言ってたから、それなのかなと思い、その時はそれで終わった。

 

しかしそれからほぼ毎日ラインしていくにつれ、土日月と寝ていた、と言ったと思ったら土曜日だけ寝ててそれ以外は別だということになってた。こうなるとつじつまが合わないと思い、またしても実は嘘ついてたりしてるんじゃないか、と疑ってしまった。

 

その後は何か自暴自棄になり、自殺しようと心に決め、最期のメッセージを彼女にラインで送り、自殺しようとしたとき、彼女から電話がきた。

 

その時、彼女は病気で寝ていた、と言っていた。そして、それを説明するのが難しかったとのことだった。

 

ちなみに、嘘ついてたりしてるんじゃないかって疑ってしまったらへんから先に関しては、今日の出来事です。そして彼女から電話来たのは、ついさっきです。

 

そんなこんななので今全ての感情をスマホのキーボードにぶつけながらブログ書いてます。

 

今回なぜ題名をケツ毛ごと愛せにしたのか。それは、自分の恋愛のスタンスを声を大にして伝えたかったから。彼女から電話が来たあと、俺も伝えたいことがあるから後で電話すると言って、その電話のときに、彼女に伝えたから。しかしすべてを伝えきれなかったこの悔しさが嫌だったから。

 

冒頭らへんで銀魂について触れたのは、それは、銀魂で実際にその台詞みたいなことをいう場面があるからである。

 

これは、新八の姉お妙と、真選組の局長近藤が初めて会うシーンで、近藤が、もしお妙さんの彼氏のケツが毛だるまだったらどうする?と質問した。そのときのお妙さんの答えが、

 

ケツ毛ごと愛します

 

とのことだった。それから近藤さんのストーカーが始まったとのことらしい。

 

まあ何はともあれ、間違ってもケツ毛はさすがに愛さない。けど、それくらいすべてを受け入れる点では、自分の恋愛のスタンスと一緒だなと思った。

 

実際に彼女に電話した時、

 

病気だからって、俺に気を使わなくていいよ。俺は病気だからって避けたりしないよ。俺は全部受け入れるつもりだから。

 

と言うようなことを言った。

 

確かに顔が可愛いから好き、とか、巨乳だから、とか、優しいから、とか色々なきっかけで好きになることがある。だが所詮は人間。良いところもあればもちろん悪いところもある。どんなにスタイルがよくても、性格がずぼらだったり、お前は力士か!ってツッコミたくなりそうな見た目だけどとんでもなく性格がよかったりと、人間というのはそういうもんである。

 

あくまで俺の考えというか、恋愛に関する価値観だが、俺にとって人を愛することは、

 

容姿や性格、すべてにおいて醜い部分があれど、それを含めても死んでも幸せにすること

 

だと思う。

 

自分が生まれる時は、ものすごい安産だったと親は言っていたが、中には数時間にも及んだり、帝王切開したりと、生まれてくるのに波乱な展開があって生まれてきたやつもいる。さらには、己の身を犠牲にして、赤ん坊は生まれたが、産んだその時に亡くなってしまったママさんもいる。流産とか中絶とかになって、生まれてくることすらも許してくれなかったやつらもいる。

 

人を愛するということは、そんな生まれてきた、親からすれば史上最高の宝物を愛することである。

 

やれ殺人事件だ。やれテロだ。やれ戦争だなんだで、常に人の命というのは失われている。だがそれ以外で俺が一番むかつくことがある。

 

婚約までして、結婚まであと一歩というところまで来て、一方的に婚約破棄していなくなるゴミカスクズ男の存在

 

ほんとにこれに関しては殺しても罰しない法律ができれば良いと思うぐらい腹立つ。

 

そんな話あるわけないじゃんって思ってるそこのお前!ぶっ殺してやるからな〜

 

だいぶ前だが、俺のドラムを気に入ってるアイドル活動もしているメイド喫茶メイドさん、というか同じ高校の先輩だが、その先輩のファンである女性の方も、その被害に遭ったとのこと。ちなみにその女性は、男に逃げられたあと精神的におかしくなり、挙げ句の果てにはマンションのベランダから飛び降り自殺をしたとのこと。

 

しばらくTwitterで見ないとのことで、ファン同士で心配していたのだが、それからしばらくして、その人の親が、その人のアカウントで報告して初めて知った。

 

今正直この事を書いて大丈夫かどうか迷ってるところだが、これについては個人的にも心配していたので、敢えて書かせていただきました。

 

人は誰しも心の拠り所を探している。親も心の拠り所のひとつだ。だが親というのは、子供より先に旅立ってしまうもの。よく親が早く結婚しろとか彼女作れとか言う親がいると思うが(ちなみにうちの親はこの事を言うと必ずいや無理でしょ〜とばかにしてくる。こん畜生が!)

 

それは嫌みでいってるわけではなく、自分が死んでも、心の拠り所を必ず確保しとけよこのボケカスが、ということを暗に言ってるかもしれない。

 

今はモテなくて、それで少しでもモテようと色々努力してる人たち、その努力は決して辞めるな。だが、それと同時に、好きな人ができたとき、どのくらいその人を愛すつもりなのか、それも決めておいたほうが良い。

 

 

まあそんなこんなで、色々書きましたが、これだけは最後に言わせてください。

 

今が一番幸せです!

 

終わり

 

 

個人的にスピードラーニングより良くね?って思ったり、、、

フォルクスワーゲンなめんなよこのやろう!!!!というわけでどうもど〜ば〜こと土橋です。

 

特に意味はないけど人生で一度でかい声で言ってみたいな〜って思ったり。まあでも結構ゴルフって意外と速くて乗ってて楽しいらしいね。まあ運転したことないからわからんが。

 

というわけで今までビジネスというか何か色々書いてたのですが、そろそろ飽きてきた頃だと思うので、今回から大々的に脱線したシリーズをやりたいと思います。

 

題して、、、

 

俺は会社やめてゲームばっかりやりたいんじゃい‼(切実)

 

はい。今まで偉そうにべらべら色々書いてたのですが、今回から大々的にクズに成り下がりま〜す。

 

というのも、ただただ今までやってきて個人的に面白いなって思ったゲームを紹介するという、ただただ自己満というかなんというか、あれだあれ。うんうん。

 

まあつべこべ言わずにガンガン行こうぜ〜

 

という事でシリーズ一発目は、こいつだ!!!!

 

どどん

 


f:id:ddaiske35:20170329034435j:image

 

 

あ、一応言っておくが割とレースゲーム率高めっす笑

 

まあタイトルは読んで字の如く、

 

WRC 2

 

である。

 

まあレースゲーム=GRAN TURISMO、という事であまり有名ではないが、実はps2時代から続いてる大人気シリーズであり、当然のことながら、FIA(国際自動車連盟)公式のゲームであるという、GRAN TURISMOにひけを取らないなかなかにすごいシリーズなのである。

 

そもそもWRCって何よって方に、簡単に説明しよう。

 

WRCというのは、FIAが主催の自動車レースのひとつで、正式には世界ラリー選手権(World Rally Championship)である。ラリーという事で、当然ながら走るところというのは、F1みたいにサーキットを走ったりというわけではない。WRCは、主に山道等をコースとして走る。そしてF1等との大きな違いは、助手席に誰かいることだ。

 

これはコ・ドライバーといって(間違っても故・ドライバーって変換するなよ。勝手に殺すなよ笑)主な役割は、コースのナビゲーションや、セクションタイムの計測等で、なかなか重要な役割なのである。ちなみにナビゲーションについてだが、実際に教えられるのは、何m先に難度(いわばカーブのきつさ。数字が低いほどきついカーブである。ヘアピンカーブや、直角カーブのときは、きちんとそのまま言ってくれる)○の右(左)カーブがある、という感じで教えてくれる。またたまに、カーブについてだけでなく、ハンドブレーキ使え等そのカーブを速くクリアするためのヒントも教えてくれることもある。

 

主な道路のコンディションは、大きく分けて3つある。

  • グラベル:いわば砂利道とかそういうやつ。砂利道だけでなく、泥沼みたいな道だったりと、細かく分けたら意外と多岐にわたる。当然ながら雨などが降ったりするとコンディションも変わる
  • スノー:いわば雪道。まあこれは分かりやすいと思うが、ただただ地面が白いのが雪道というわけではない。アイスバーンだったりと、これもそこそこ種類がある。道産子だったり雪国出身の人だったらイメージがつきやすいだろう
  • ターマック:いわば舗装路。とはいってもサーキットのようなものだと思った君は残念。同じ舗装路でも、サーキットと一般道では路面の感じが違うのだ。さらに舗装路といっても、当然ながらきれいな舗装路とは限らない。ダスティターマック(埃っぽい舗装路)とか、これもまたそこそこ種類がある。

 

まあ基礎的な知識はこれくらいにして、なぜこれを気に入ったか。主に2つの理由がある。

 

1.リアリティーがすごい

 

うわ〜何この語彙力のNASA。まあこれはこいつに限らず、GRAN TURISMOなど、他のps3のゲーム全般に言えることだが、ps2と比べて、リアリティーさが強くなってると個人的に思う。

 

特にこのWRC2に関しては、グラフィックはまあGRAN TURISMOほどではないがそこまでひどいわけでもない。ただやはりサーキットとはまた違うラリーならではの楽しいところを存分に楽しめる点というのが、このゲームの利点であり、ps3ではその部分がさらに磨きがかかってると思った。

 

2.英語を学ぶのに意外と使える

 

まあ実用性はあまりないが。とりあえず今回の題名におもいっきり書いたが、このゲームをしばらくやってて一番思ったことが、今回の題名であるスピードラーニングより良くね?って思ったりすることです。

 

ps2の時のWRCも持っているが、これは日本語も選択できるようになっており、基本的に日本語でやっていたのだが、今回のこのWRC2、なんと

 

英語のみ!!!!

 

あ、でもメニューとかの字が書いてるところはきちんと日本語だからそこは大丈夫よ。まあところどころ日本語がおかしいところがあるが、、、

 

では何が英語のみか。それは、、、

 

コ・ドライバーの指示

 

このゲームではコ・ドライバーの声を男性か女性かが選べるようになっているが、いずれも英語なのである。結構女性の方が比較的聞き取りやすいとのことらしいが、男性も慣れたらそんなに聞きづらいこともない。

 

俺がスピードラーニングより良くね?って思ったのはまさにその部分で、聞き流す訳ではないので、割とがっつり英語耳を鍛えることができ、多少は理解できるようになる、と個人的に思う。

 

ちなみにこのコ・ドライバーの指示をひたすら聞きまくるというのは、実際にやってる人も結構いて、名前は忘れたが、現在WRCを目指してる日本人が、コ・ドライバーの指示を理解するためにこのトレーニングをしているとのこと。

 

勉強は紙とペンでやるものではない。これは何かの勉強アプリ系のCMで言ってたが、まさにその通りだと思う。一番良いのが声に出したり、とにかく何かをしながら覚えるのが最適だ、というのをかなりまえに何かのテレビ番組でみた。

 

まさにその何かをしながらということの最たるものとして、ぜひともやってみてはいかがと思う。そして気がついたらなぜかYoutubeでラリーの動画を漁ってる俺みたいに、、、はならないか笑

 

という訳で眠すぎて倒れそうなので今日はここまで!