暇人見聞録

大体ものすごく暇なときに思ったことをありのままで書きます

参加せざるを得ない

アニメの銀魂でよく終わる終わる詐欺が頻繁に起こっていたが、まさか自分がやるとはな~

 

ということでどーばーです。

 

 

もうあれです。本名名乗りません‼どーばーに統一します!

 

 

もう変にいろんな人に声かけて押し売りするより、ブログ楽しみつつ独自の経済圏作ったほうがらくだなって今まで関わってきた仲間とか見て思った。

 

 

まあ楽して稼ぎたい訳ではないけど、楽しいほうがいいじゃん!その楽しいも自分も含めて楽しめる楽しいだったらそれでええやん!って思っている今日この頃。

 

 

という事で、やっぱりブログ書いてないと何か禁断症状起こしそうなので、とりあえずこのブログは新サイトできるまで更新し続けることにします!

 

 

という事でじゃあきばってこー

 

 

先月ダッケ?確か

 

 

 

遂に、政府が解禁しちゃったらしいね~

 

 

 

 

 

 

 

 

副業‼

 

 

ここ最近は、我慢できずに中古のパソコン購入してそれでライターの仕事しているが、まあめっちゃ楽よ。

 

楽だから週に納品できる本数も多くできたし。最高だぜ‼

 

 

駄菓子菓子

 

 

本数多く頼んだはいいけど、発注が一気に全部来ない、、、

 

 

一気に増やしすぎたかな、と思ったが、よくよく考えたら、副業解禁されたからかな、と思った。

 

 

副業が解禁されたことをきっかけにクラウドワークスとかのやつのライター系にどんどん殺到して急激に増えたのかな、と思った。

 

 

 

ddaiske35.hatenablog.com

ddaiske35.hatenablog.com

 

 

これはあくまで個人的な意見だけど正直自分が寄稿しているメディアにこういうやつらの記事が産卵すると思うと腹立たしいこと山の如しと思ってしまう。まああくまで個人的なことだがな。

 

 

 

最近ではあれだな。小泉元首相の息子さんがこういうこと言っていたな

 

 

残念ながら経済はどんどん下がっていきます。これについては政府でもどうにもできません

 

 

内閣や与党の中枢にいそうなやつが言っているんだ。確かにそうなりそうだな。

 

 

とはいってもそれは嘘だとかでたらめ言うなとか言う馬鹿共がいるとは、ああ恐ろしやーーーーー

 

 

 

でも政界の人間の言葉だけでなく、すでに身近でも起こっていたりする。

 

 

ついさっき自分はもうすでに退職しているにもかかわらず平気でラインを送ってくる元同期のとあるおばさんがいる。そのおばさんの今日のラインの第一声がこうであった。

 

 

・調整休みに入ってってどう思う?

・いつから月21回以上の出勤だめになったんかな

 

 

これについては正直人による。しかしこの出来事の捕らえ方で今後の自分の人生を左右することになる。

 

ある程度感の良い人の場合、やったこれで副業などに当てられる。ラッキーと捕らえる人と、エーこれじゃあ給料低くて生活やっていけないよーという人の2つに別れる。

 

ちなみに俺の場合は、

 

 

ウェーイ今日夜更かしして明日昼まで寝てやろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

という考えになる。うーん我ながらあほである。

 

 

おそらくその元同期の人は、後者の考えのはずだ。

 

 

ここ最近は仮想通貨についてはどちらかというと放置プレー状態であり、まあそれでもたまに顔を出す程度だがな。

 

むしろブロガーとしての活動を充実させようと日々情報収集をしつつも、ライターの仕事を通してライティングも自分なりの書き方も含めて日々研究している。

 

 

理由は序盤に書いたとおり、楽しそうだから。

 

 

イケハヤさんもそうだけど、スマブラーのジャックさんもひつじさんも、ツイート見てる限りだけどなんか楽しそうだし、ああいう感じでやって生きたいなって思っているもん。

 

 

ビジネスだからって、堅苦しくいるのもなんか自分に合わないと俺は思う。まあそう思っていてもいざというときはきちんとできるからあれだけど、今言いたいのはそれを普段から続けるのが苦痛だということ。

 

 

正直今急激にライターとかブロガーとか増えてきているけど、これがある程度経ったらどれだけ残っているかだね。まあ、相手が急に増えようがどうしようが俺は俺なので、全然気にしなーい

 

 

 

ということで、今回のタイトルは参加せざるを得ないという、終始その部分には触れなかったが、だんだんそういう時代になってきているんですよー現実みてくださーいというマイルドにあおった記事でした。

 

 

ジャックさんの伸びシロサロン、金入ったらマジで入ろうかな。割りとがちで。

 

 

ということでおやすみなさい。

 

 

無料に頼る限り進化しない

どうも土橋です。

 

 

 

前回でのブログがはてなブログでの最後の投稿だといいましたが、新ブログ立ち上げまでにもう少しかかりそうなので、今回なぜはてなブログでの投稿をやめようと思ったのかを説明します。

 

 

 

まあ、今回ブログ書いているのも、こないだアマゾンで頼んだ中古のノートパソコンの実力が見たくて書いているようなものなんよ。

 

 

 
f:id:ddaiske35:20180404154058j:image

 

 

 

 

 

何で横になってるしwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

まあ、スマホあるあるやな

 

 

 

本当はもうちょっとスペックのよいもの買うだけの金がたまってから買おうかなって思ったけど、youtuberになりたいと思ってて、それで動画編集するのにメモリーが最低限4GBじゃないと動画編集めんどくさいよてきなことを動画編集に関するサイトで見た。だからパソコン買うのはまだかなって思ってたけど、たまたま中古の安いやつで、メモリーが4GBのやつがあったからとりあえず買っちまったわけだ。

 

ほんとうはそのほかにも条件いろいろあったけど、万が一だめそうなら改めてパソコン買ってこいつはサブに回せばよいや、という考えで買った。

 

 

まあそれ以前にビデオカメラとかいろいろまだ買ってないけどなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 でも今考えると、こうしてyoutuberもそうだけど、いろいろやろうって思えるようになったのも、ブログがきっかけでもあったりするんだよな。

 

 

 

だからって、このままはてなブログを続けるわけにもいかない、ということを思ったきっかけでもあるんだよな。

 

 

きっかけは、アフィリエイトで活動しているひつじさんのブログ見たのがきっかけなんだよ。

 

 

それまでは、別に無料のブログでも広告貼ろうと思えば貼れるから無料で十分じゃね?って思ったけど、そのブログでなぜブログ運営で金をかければいけないかがわかった

 

 

確かに無料ブログでも広告は貼ることができる。しかし、それだと無料ブログを公開した後にブログ側で広告が貼られて、そっちに持っていかれる、という理由だ。

 

 

その事実を知ったとき、今までブログに広告を貼ったことはあったけど、糞も利益にならなかったのはこのことだったのかとそのときに思ったね。

 

 

 

だから俺は思い切って独自で運営することを決意した。しかも、ブログによって規約があり、どれだけ好きなことかいても運営側で規約違反しているところがあると削除されるというリスクがある。

 

 

 

 

 

 

ここ最近漫画村とかの無料サービスがいろいろ出ているけど、もしブログとかでかせぐことを考えたときは、まずはなぜ無料なのか、無料にしても運営側はなぜ損しないのかを考えるのが稼ぐための第一歩だと俺は思う。

 

 

 

youtuberもそのひとつ。最近は動画に広告動画がついてその収入で稼ぐというのが一般的になりつつあるが、動画の概要欄に広告URLを貼り付けて、その動画自体もその商品のインプレ動画であったり、商品紹介動画だったりする。

 

 

 

独自でサイト運営するということは、初期費用でレンタルサーバー代とかドメイン代とかいろいろかかるものの、その代わりに言論などの観点で削除されたりしない、という大きな利点になる。

 

 

だからこそ常にアクセス数を稼がないといけないという手間とか大変さもあるが、それでも収入は青天井であるので、行けるところまで行くことができる。同時にそれは、サラリーマンの月収をゆうに越えることもたやすいことだ。

 

 

最初はただの自分の考えのはけ口的な感じで始めて、収益化なんて糞もかんがえていなかった俺だが、実際プロブロガーとして稼いでいる人たちも、同じような感じで動いている人たちもいる。同じように動いている上に、収益化もできていると考えると、すごいことだとおれは思う。

 

 

 

ブログがきっかけでライターとして活動することにもなったし、ライターだけで満足しなかったからtwitterでいろいろ見ていたらブロガーの時代が来るというツイートを見つけることもできた。だからこそいろいろ夢が見ることができ、そしていろいろなことに挑戦しようと思えた。

 

 

よく無料でビジネスができると聞いてほいほいひっかかるやつがいるが、傍から見てて糞だなと思う。まあ、内容とかからして詐欺っぽいものを広めたり作るやつも糞だけど、そういうのを見てできると思っているやつも糞。だと俺は思う。

 

 

大事なことは、無料でもできることは十分あるということだが、自分自身がそのことを理解できるかどうか。物販でもほんとにすごいやつは、無料でも後は実践していけば本当に稼ぐことができそうなものもある。後はそれを信じて突き進むことができるかどうかが大切。

 

 

 

さらに厄介なのは、こういう無料で教えてくれそうなことを高額で教えるというのもあるということ。こういう存在もある時点でも十分やばいのに、それに見事に引っかかるやつもいるというのも事実。怖いわー

 

 

 

本気でやるにはどうしてもお金が必要。これは確かにほかの詐欺師的なビジネスマンも言っているが、本気でやっている本物も同じことを言う。しかし詐欺師と本物の違いは、どういうところにお金がかかるかを説明しているか否かだ。

 

 

実際俺がアフィリエイトとかのブログの収益化で参考にしたひつじさんのブログでも、しっかり説明してくれていたから納得できた。だからこそがっつり金をかけようと思った。

 

 

だからここで俺が声を大にして言いたいことは、ビジネスは初期費用は必ずかかることである。そして、誰から学ぶかが重要である、ということだ。

 

 

詐欺師も多いが本物もそれなりに多い。だからこそその見極めが大事であると俺は思う。

 

 

これからは自分のサイトで自分の考えとかいろいろ書いていくから、ここで書くことはなくなるが、それでも今までと変わらず、自分らしさ全開で行くつもりだ。

 

 

 

 

だからこれがはてなブログでの最後の言葉だ。同時に、今までの俺もここで終わりだ。これからは、さらに進化した俺の言葉をみにきてほしいという中二っぽい言葉を以って、最後の挨拶とする。

 

 

 

今までありがとうございました。そして、新ブログでは、ブログ名含めて一新するので今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。そしてI'll be back

どうも土橋です。

 

 

まずは、ようやく大台に乗りました。ありがとうございます!


f:id:ddaiske35:20180320194234j:image

 

そして、こういうキリの良いときなのかどうかわからんが、今回を持って、最後のブログとさせていただきます。

 

 

というのも、このはてなブログで書くブログを最後にする、ということです。

 

 

まあ、最初はただ単に自分の考えをただ何かに残しておくための備忘録的なのりで始めたこのブログですが、気がついたら知り合いのビジネス仲間を中心に流行りはじめて、中には俺のブログを見てブログはじめようかな~って言ってきたやつらも出てきたりして、正直俺が好きでやってるだけなのになぜかファンができてた。

 

 

でもこうしてブログをやってきたからこそ、今ライターとしてやってきてるんだなって思ってるし、むしろブログやってなかったら、ライターという選択肢もなく、ただただ社畜の道を歩んでいたんだなと思うと、ゾッとする。

 

 

そして最近ではほぼ毎日アクセスがあるような状態になってから、というのもあるが、一番はやはり進撃する人さんのツイートがきっかけだった。

 

 

そこから、イケハヤさんとかひつじアフィリエイトのひつじさんを見つけたり、その人たちの記事を見たりして、徹底的にブログを追い求めてる時のものを見て、俺もそろそろやってみるべきかなと思い、今に至っています。

 

 

まあ今ライターの仕事で修正依頼が来てその内容の見ずらさが原因で色々腹立つこと思い出して、凄くイライラしてる状態で書いてるのは秘密。

 

 

てか何でそういうときに限って最後の記事何か書くかな。アホやろ。俺。

 

 

まあ、前々からそろそろ書こうかなと思っても、なかなかその気になれなくて、そう思ってたときにようやくライターの仕事の依頼が来たから、そっちに集中するために片付けようと思って、今書いている。

 

 

まあ、最初の頃は数ヵ月に一記事というスローペースでやってたものが、気がついたらほぼ毎日書くようになって、それだけ、自分の言葉が必要とされてるんだなと思うと、わざわざコールセンター辞めてまでやった意味があるなと思うし、それだけ愛されてるんだなと思える。

 

 

別に俺は全ての人に愛されたいとは思ってないし、万人受けしそうなものを作るつもりもない。ただ、自分そのものを余すところなく出しきればそれでいい人間だし、それに賛同してくれる人だけで十分だった。

 

 

しかし、それだけでは物足りない、ということがイケハヤさんやひつじさんのブログやツイートを見て、感じた。

 

 

俺のブログの読者は大体ネットビジネスとか投資とかやってるやつらばかりだ。だったら、そういう人たちが見てくれてるなら、そういう人たちと、少しでも今の状況を変えたいという人を繋げられたら、よりよいものになるんじゃないか。

 

 

そう思ったとき、このはてなブログだとダメだな、やっぱり自分でサイト作るつもりでないといかんな、と思った。

 

 

アフィリエイトをがっつりやりたいというのもあるが、そう思ったのも、少しでも今の状況を変えたいという人を繋げるためのひとつの使命だと俺は思う。

 

 

よく大企業のcmで子供たちの夢がどうだとか色々言う度に、

 

 

お前らが言うなくず共が

 

 

と思ってしまうことがよくある。

 

 

だからこそ、本当にそういうことが実現するんだ、ということを証明するために、俺は新たなるステージに行く。

 

 

今までこのブログで書いてきたことは、正直読者にはどう響いたのかはわからない。けど確実に言えることは、少なくとも俺の考えに共感して、そして俺のことを応援してくれている人がたくさんいた、ということだ。

 

 

サイト開設までの間、しばらくおとなしくしているが、復活したときは、今まで以上に俺らしく、全力で噛みつきまくるので、まずはそれまでの間待っていてほしい。そして、復活したときは、全力で俺の思いを受け止め、そして力を貸してほしい。

 

 

という訳で、今までありがとうございました!

 

 

そして、これからもよろしくお願いいたします!

 

 

P.S.

 

多分新しくサイト出来たら、このブログで宣伝したりするので、そのときがガチのラストになるかもです。

お金の流れを理解して立場逆転

ホワイトデー?ただの平日やないかい。

 

どうも土橋です。

 

昨日は世間的にはホワイトデーらしいのですが、一方で円周率の日といわれてるらしいです。円周率のはじめが3.14から始まるからとのことらしい。

 

 

まあ何か色々学習要項が色々変わってきて、世代別に円周率の習い方とか覚え方とか違うって言うのも、何か面白いっすな~

 

 

ちなみに俺の小学生時代は3.14だったがな。

 

 

て言うかこのブログでもTwitterでもいいから書きたかったけどなかなか書くタイミングなかったから今書くけど、

 

聖徳太子の呼び名変わったらしいね。

 

 

何か厩戸王(うまやどのおう、と呼ぶのか?わかんね~)っていう呼び名に変わったらしいね。

 

あと、鎌倉幕府できたの1192年じゃなくて1185年らしいね。

 

いい国作ろう派だった俺らからしたら衝撃的だわ。いい箱作ろう(1185だからいい箱)鎌倉幕府という覚え方らしいよ。

 

 

規模めっちゃ小さいやんwwwww段ボールでええわwwwww

 

って、俺が気に入ってる鉄道関係のyoutubeの動画で言ってた。

 

 

仮想通貨の世界に身をおいていて、流れが早すぎてすげえなって思ったけど、教育のほうも色々変わってるんだな~

 

 

 

 

 

ということで、それだけ学習要項変わってるなら、せめていれろよと思う、お金について書きたいと思います。

 

 

 

突然ですが皆さん、給料って誰が払っていると思いますか?

 

 

 

 

会社?ばーかちげーよ

 

 

 

会社がどうやって給料払うための資金調達してんだよ。

 

 

正解を教えましょう。正解は、、、

 

 

 

 

顧客です

 

 

そうだぞ。出直せ馬鹿者が

 

 

まだ俺がコールセンターに勤めているとき、仕事で使っていたシステムの待機中の画面に、偉人や経営者の名言が出てくるようになっているが、その中で西友と提携?的な感じでやっているウォルマートの創業者であるサム・ウォルトン(だったかなー)の名言で、このような名言がある。

 

 

賃金を払っているのは顧客である。会社はただ賃金を扱っているだけである。

 

 

大体こういうときは、当時は深いなーとは思わず、むしろ暇だなーと思っていたことが多かったのですが、今改めて思うと非常に深いと思う。しかし、会社勤めしかお金を稼ぐ方法がないと思っている人には、なかなかピント来ない言葉だなと俺は思う。

 

 

もし仕事に対してやる気が出ない時は、どうして給料が出るようになるか一度考えてみても良いかと俺は思う。たぶんこういうことは、大概のブラック企業は教えてくれないと思うから、自分なりに考えてみるのが一番だ。誰かに教えてもらうより、自分で考えて理解した方が、ただただ教えられるより頭に残りやすいからだ。そしてそれを紙に書いてもよし、何かを使って発信したりするなど、いわゆるアウトプットをするとより確実に頭に残る。だから学生の場合は、勉強するときもただただ知識を頭にぶちこむだけでなく、自分なりにまとめる方がより良い勉強法だと俺は思う。インテリ芸人のロザンの宇治原さんは、自分で教師ごっこをやりながら勉強をしていたとのこと。そのため多くのことを覚えられ、また、知識として定着させていたのだ。

 

 

 

大分脱線したが本題に戻ろう。

 

 

たぶん給料の流れが一番分かりやすいのはスーパーなどの販売店だと思うので、それを例にして流れを解説しましょう。例えばお客さんがポテチを買いに来たとする。とりあえずポテチを一袋そのお客さんが買った。そしてそのときお客さんが払った代金というのは、会社でいう売り上げになる。その売り上げから会社の運営費用、例えば施設の光熱費や仕入れ代金等が引かれて、それで残った金が、給料として従業員のもとに来るのだ。

 

 

ちなみにコールセンターの場合は、電話が来た本数がそのまま利益となる。ちなみに電話1本当たりの利益というのは、7円とかである。会社によるが、大体の場合利益になるのは1桁台である。スーパーでポテチが売れた場合の給料として来る分も大体そのような感じだ。

 

 

そう聞くと、従業員って非常に金にならないことがわかるだろう。しかも一番厄介なのは、自分でどうにかできないことだ。ビジネスなどをやっている人や、個人で物販などをやっている人は、売り上げが低いときの対策がすぐできるのですが、従業員の場合は何かをやろうとすると、まず上司に相談しなければならず、そうしている間にもどんどん状況が悪化したりなんてこともある。しかも、大体そういうものは、ことごとく上司に却下されたりするので辛い。

 

 

 

ビジネスやっている人たちが口々に会社勤めはリスクだというが、たぶんここまで説明する人はいないと思う。まあ剃りゃそうだよな、ここまで事細かに毎回説明するのだるいよ。

 

 

 

結構回りでは日本経済が落ち込んでいるから会社勤めは危ないという。だが、それ以前にそうでないときでも会社の経営が落ち込むなんていうのは結構あるので、俺的には日本経済云々より、会社の経営が危ないときに何とかしづらいという点が一番注目されても良いところだと思う。

 

 

では会社勤めの場合の自分に入る利益を見た上で、アフィリエイトや物販での利益を見てみましょう。

 

 

ビジネスでの王道とも言われる物販を例にとろう。

 

 

あるとき家電量販店をうろついていると、1500円で売られている電子辞書を見つけた。その製品について調べると、amazonでは新品では最安値で15000で売られているとのこと。そのときちょうどamazonの出品サービスに入っていたので、すぐ仕入れてamazonに出品した。すると、その製品を売った際の手数料や仕入値を引いても、利益は12000円だ。たまたま見つけた激安商品で、その人は一気に12000円を稼いだことになる。普通に会社勤めしていても、一日では絶対稼ぐことができないようなほどの利益を一瞬にして稼いだのである。

 

 

こういうことがあるために、ビジネスをやっているという日とが多く、その人たちが長く続けているのも、その瞬間の快感のために日々努力しているのだ。

 

 

 

 このように、お金の流れを知ると、自分が今していることが、どれだけ給料になって返ってくるのかがよくわかります。こういうことを学校などで学ばないために、お金に関する知識がない日本と言われるのだ。一番身近なものなのに皮肉なものだ。

 

 

その事に気づき、その上で行動を起こして、もっとも良い方法を選んだ人たちこそが、今の富裕層なのである。そこに気づけない限り、一生損することになるのだ。

 

 

だからもし、ビジネスに誘おうと思っている人がこの事について知らないのであれば、是非このことを教えてほしい。なんならこの記事で説明しても良いくらいだ。

 

 

そして何より、最近ではネットショップやインターネットが普及しているので、家の中でも仕事ができるのだ。そのため会社にいくための交通費も節約でき、時間の自由だけでなく、普段の生活の出費も押さえることができるのだ。

 

 

出費を押さえることができ、それでいて給料も会社勤めよりも多いとなると、これほど素晴らしいものはない。さらにはAIの普及によりどんどん仕事がなくなっているので、もはややらざるを得ないといっても過言でもないはずだ。

 

 

 

もしこの素晴らしいことについてもっと詳しく聞きたいというのならば、Twitterでもライン@でも良いので気軽に聞いてきてほしい

 

ということで今回はここまでにしよう。

 

 

ライン@登録してねん

 

 
f:id:ddaiske35:20180315172514j:image

変わりたいと、強く望め。それ以外は、いらない

や~まさかな~先月分のライターの仕事の給料今月入ったら超ラッキーだな~って思ってたらほんとにそうなったので、今頭のなかでリオのカーニバル状態です。

 

 

どうも土橋です。

 

 

やっぱり人間金が手に入るとテンションあがるもんなんですね~

 

 

結構日本人って、金にがめついやつとかを嫌う人が多いけど、そういうやつって金無いときどうするんだろうね~って思ったりします。

 

 

多分こんなんだから投資とか仮想通貨とか、そういうの敬遠されるのかね。めっちゃもう、ガキの頃から関わるのに何一つそういう教育されてねえからな~怖いわー

 

 

まあそれはおいといて

 

 

さすがに今日はネタないから書くことないべって思ってたら、あったんだな~

 

 

俺の音楽のプレイリストのなかに。

 

 

そのプレイリストの中の曲名が、今日の題名です。がちでそのまま。

 

 

歌ってるのはThe ROOTLESSというバンドです。多分知ってる人は知ってる。

 

 

アニメのONE PIECEの、白ひげと海軍の頂上戦争の時のやつのオープニング曲歌ってた、あのバンドですよ。

 

 

たしか今はもう解散して、そのバンドのボーカルが強盗で捕まったかなたしか。何かのニュースで見た。

 

 

ちなみに今回の題名にもなってるこの曲は、だいぶ前の東京モード学園かHAL東京のどっちかのCMの曲だった。

 

 

ちょうどそのときのキャッチコピーがまさにこの題名だったので、曲名もそのまま採用された感じだ。

 

 

まあ改めて思うと、これはそのcmが流れていた当時も今も言えることですよ。ええ。

 

 

今こうしてブログ書いてますが、そのちょっと前に、俺のフォロワーであり、物販をメインに活動している、俺のなかでは本物と思っている物販プレイヤーがおすすめしてるメルマガの記事を見てた。

 

 

ちょうど見た記事が、仲の良い先輩を助けるために生活保護を受けさせたら逃げられたという感じであり、その生活保護を受けるまでの過程が、今の俺みたいな状態であったのでついつい見いってしまった。

 

 

まあこの記事を通して、そのメルマガの人はむやみに部屋貸したりとかしない方がいいんだなということを学んだと同時に、やはり変わりたい意思がその人になければ意味がないということも書いていた。

 

 

まあ今回俺が今の家に越してきたのも、その誘った友人が俺を変えるため、というよりは俺の好きな人のために手伝うためのひとつだったから、というのが理由だ。

 

 

さっきLANケーブルあるか漁ってたら、その誘った友人と俺の好きな人が当時付き合ってた頃だと思われるチュープリ見つけて、何かめっちゃ複雑な思いしたし。

 

 

正直嫉妬というか裏切りというか、そういうのは一瞬だけ起こったが、ただ一番でかかったのは、今まで忘れかけていた、大切な人のために動くという俺のスタンスが戻ってきたことかな。

 

 

明後日あたり会うからその事について問おうかと思ったけど、それもバカらしくなり、何かその好きな人の幸せそうなところを見れただけで何かお腹一杯になった

 

 

今こうして書いてるけど、そういう余裕が出てきたのも、やっぱり仕事も辞めてのびのびと過ごす時間が出てきたからかな、と思う。

 

 

そう思ったと同時に、本気で変わらなきゃなと思って、この後業務スーパーに買い物いくときも、あえて地図上ではちょっと遠いほうに歩いていこうと思ったし、帰りにホビーショップでせどりを試みたし。結局損になりそうなものばっかりで1人静かにツッコミしてたけど、俺的にはめっちゃ楽しかったし。

 

 

それでまあ今日はカレー作って食って寝るか、と思って煮込んでる間にスマホいじっててたまたま音楽のプレイリストのところを見たらこの曲が出てたと、そういうことだ。

 

 

どういうことだよwwwww

 

 

まあ確かに今は、投資とか仮想通貨とか物販とか、お金を稼ぐ方法はいくらでもある。

 

 

だが、いくら手段はあっても、最終的に大事になるのは気持ちだ。

 

 

さっき見いってしまった記事も、結局大事なのは気持ちだということをいっていた。

 

 

どんなに好きな人にフラれても、どんなに親とかに今の状況について罵倒されても、それに屈しないほどの気持ちがあれば、大丈夫だと俺は思う。

 

 

今回の題名の通り、変わりたいと強く望む気持ちさえあれば、それ以外はなにもいらない。

 

 

別に金がないのなんて、借りたりすればいいし、最近では企業が主体だったクラウドファンディングソーシャルレンディングも個人でできるようになってるし、それをおおいに使えばいいだけ。

 

 

時間がないのなら、会社辞めちゃえばいいんじゃないか。失業保険だって、社会保険に入ってる人なら必ず入ってるはずだし。まあ正社員の場合は給付制限がつく可能性があるけど、派遣だったら更新月にうまいこと辞めたら、場合によっては給付制限なしでもらえることもある。いずれにせよ、辞めたらすぐお金に困る何てことは、よほどのことがない限り大丈夫だ。

 

 

これだけ言い訳に出来そうなことはことごとく根拠を述べた。さああとは何が残る?気持ちだけだろ。

 

 

これからの社会では協調性とか何とかそういうのが必要だと言うが、はっきり言ってそれは違うと思う。そういうやつをなぜ社会では求めるのか。簡単なことだ。そういうやつは反抗しないからだ。

 

だから協調性がどうのとか言う社会や会社というのは、ざっくり言うと、口答えせずに黙って言われたことをする、ロボットみたいなやつが重要だ、と言っている。

 

 

ほら、そう言われると社会ってくそだろ。だったらロボット雇えやって思わない?だから最近AIとかが使われ始めるんだよ。そうなるとどんどん仕事が減っていく。

 

 

だから、ロボットが主流何て認めねえぞって思ってるやつは、まず今の社会がどういうやつを求めているか真面目に考えてから物言え、と思っている。

 

 

たまーに給料あげろとデモとかストライキ起こしたりしてるニュースを見るけど、無駄だな~と俺は思う。

 

 

そんな事やる暇あるなら普通に働けよって思ってる。て言うかそういうことやるから経営者がAI導入したりして、それで仕事減っていって、結果的に自分の首絞めることになるのに、愚かだね~、と思う。

 

 

じゃあ本当にこれから生きていく上で必要となるのはなにか、ということになる。それは、、、

 

 

発信力

 

 

変わりたいと強く望め、そして発信しろ。それ以外は、いらない。まじでこれにつきる。

 

 

どんなに変わりたいと強く望んでも、思うだけでは伝わらない。念じるだけで好きな人と結ばれるなら誰だって苦労しねぇわ。

 

 

だからこそ発信が大事になる。ホリエモンをはじめ多くの人が口を揃えて言うのだから確かだ。

 

 

別に会社辞めたからって、それだけで大罪になるわけではない。むしろそういう風に見る社会が既に終わってる。これはうちの母に言っても聞く耳持たないから話してない。というか話す気も起きない。仮に話したら多分絶縁状態になると思うけどそれでも構わないつもりだ。

 

 

思いを発信しても意味がない?んなアホな。そうでなかったら、これだけSNS普及してないやん。

 

 

変わりたいと思うなら全力で望め。そして叫んでも文にしてでもいいから発信しろ。好きな人には全力で愛を叫べ。まあやり過ぎたらストーカー扱いされるからほどほどにな。

 

 

そして、ビジネスやってるやつら、もし変わりたいと願ってるやつがいたら、全力で助けてやれ。

 

 

といっても、まじで助けたいと思ってなくて、ただただ不真面目なくそはほっといてもいいと思ったりするが。

 

 

これだけ色々な人と繋がることができるし、金銭面でも時間面でもいくらでも作ることができる時代なんだ。一度きりの人生ドカンと行こうぜ‼

 

 

っしゃあ珍しく切れのある文章になった!

 

やっぱりり、、、ああ、何でもないです、、、

 

 

まあやっぱり好きな人がいるっていいことですね!もうやっぱりこういう風に顔を見るだけでやる気になるもんね。ほんとまじで会えたことに感謝です!

 

 

だからこんどは俺が好きな人に何かあったときは、幸せにするつもりで、これからも暴走しまくります!

 

 

以上!

 

 

ライン@登録してねー

 


f:id:ddaiske35:20180314003203j:image

 

 

 

 

500円一括でもらうか毎日50円もらうか

たまーに自分のブログをGoogle検索して、今までは一番上に自分のブログが来てウホホってなってたが、最近そうでもなくなってるのを見ると、すげえ複雑です。

 

どうも土橋です。

 

 

やっぱ連続して投稿すると連続してpv数つくな。って当たり前か。

 

 

まあこうして見てくれてるお陰で、どんどん1000pvに近づいて来る感じがしてうれしいかぎりです。

 

 

まあ今日は、ちょっとしたミニブログみたいな感じだが、今日もお付きあいお願いいたします。

 

 

突然ですが皆さん、500円と50円どっちがほしいですか?

 

 

そう聞かれるとほとんどの人が500円と答えますよね。

 

 

ではそこに条件を加えよう。

 

500円と50円どちらがほしいでしょうか?

ただし、500円の場合はその一回きり、50円の場合は次の日も引き続き差し上げます。どちらか片方しか選べません。選べるチャンスも今回かぎりです。

 

 

これならどうでしょう。

 

 

正解はありません。ただ、ここでどちらを選ぶかで、その人に先見の明があるかどうかがわかります。まあこれは俺の意見だが。

 

 

ちなみにこのお話は、昔家族で寺の行事に参加した際、その儀式に来ていた他の寺の住職の講話で出てきた話だ。

 

このお話に出てくるのは和尚と子供である。和尚はその子供にさっきの質問をするが、その子供は50円のほうを選んだ。

 

 

ちなみにこのお話は、ばかな子供という題名がついたりするが、正直この子供の選択は、ばかではない。むしろ賢いと俺は思う。というよりその子供をバカ扱いする底辺共がむしろバカである、と思う。

 

 

その50円を選んだ子供曰く、毎日50円もらえるのであれば、貯めれば必ず500円以上になるから、ということだ。

 

 

寺の住職が例に出したのは、こういうことだから毎日の積み重ねが大事だよ、ということの例のためにこの話を出したと俺は思っている。

 

似たような話を、星新一の小説の一部で見たことがある。話はこんな感じだ。

 

 

サラリーマンであるある男は、見知らぬ男から、一生遊べるだけの金を与えようと言われて、大金を得た。その日から男は豪華な料理を食べたりカジノで遊んだりと豪遊したが、ある時、お金がなくなったら、そのときが人生の終わりなんじゃないか?ということに気づき、今まで豪遊していた男は、そのことに気づいてから無意味に川に糸をたらしていた。

 

 

というような話だ。読んだ当時はピンとこなかったが、これだけお金についてがっつり考えるようになってから思うと、深いな~と思うのだ。

 

 

俺は決して500円を選ぶやつはくそだと思わない。別にとんでもなく切羽つまっててって言うのならしょうがないと思う。

 

 

けど、先見の明のあるやつは50円のほうを選ぶと思う。それは、さっきの子供と同じ考えだと俺は思う。

 

 

昨日書いたブログの、プロゲーマーや創作活動に集中できる環境作りというのは、もちろん設備的なものもあるが、何より大事なのは金銭面だと俺は思う。

 

 

プロゲーマーだって、家庭用のゲームの人もいれば、ゲーセンのアーケードゲームの人だっている。大会に出るのにも、お金がかかる場合もあるし、世界大会ならば、その会場への渡航費もかかるなど、いろいろお金はかかるものだ。

 

 

確かにプロになればスポンサーだってつくし、そのスポンサー料で事足りるかもしれない。しかし、プロになったって必ずスポンサーがつくとは限らない。スポンサーがつかなければ、いくらプロでも収入は大したことがないのには変わりない。

 

 

自分がこれからやろうとするプロゲーマーや創作活動に集中できる環境作りというのは、ぶっちゃけその金銭面に全力を注ごうと思う。そのためには、純粋にお金をあげるより、自分でもお金を稼ぐ力をつけるべきだと俺は思っている。

 

 

実際に企画を計画してる段階ではあるが、もちろん余力があればスポンサー契約することも視野に入れている。しかし一番力を入れるつもりであるところは、その稼ぐ力を与えることだと俺は思う。

 

 

だからこそ、今計画しているいくつかの事業のひとつである、プロゲーマーや創作活動に集中できる環境作りの事業はその稼ぐ力を身につけることを基軸に、そのやりたいことに合わせてベストなアドバイス等して全力で応援する、というような具合だ。

 

 

これだけ独自の経済圏が重要視されるようになりつつある今だからこそ、これだけ会社や国が役立たずになりつつある今だからこそ、そういうことをする人たちが現れてもいいんじゃないか、と俺は思う。

 

 

利益ばっかり追い求めてるやつらも、少しは身内の夢を叶えるために動いてもいいんじゃないか、と俺は思う。

 

 

ぶっちゃけ俺だって、高級車に乗りたいと思っても乗ったら出られなくなりそうだからやめとくけど、せめて好きな車に乗って、好きなだけその車いじり倒したいし、いろんなところ旅して刺激がほしいと思ってる。けど、どうせやるなら、夢を叶えたいというやつらの夢を叶えながらの方が、それはそれで自分の夢が叶ったとき、また違ったよさも出てくるのでは、と俺は思う。

 

 

なんだよ全然ミニじゃねえじゃんwwwww

 

 

まあいいや

 

 

ということで以上!

 

 

おやすみ~

 

ライン@!!!!

 


f:id:ddaiske35:20180313001326j:image

 

 

 

貧乏はあかん

めっちゃゴツい形の端子が、いざ抜くときスポッてあっけなく抜けると、何か一本取られた感がするの俺だけ?

 

どうも土橋です。

 

 

やべえ最近Twitterといい実家でのイライラといい、ネタに溢れてて最高だぜ!

 

 

もう今日で3日連続でブログ書いてるよ。さすが会社辞めたら最高だわ~

 

 

でもこういう生活親からしたらダメなんでしょ。だから昭和世代の頑固者は嫌いなんだよ。

 

 

というわけで、今めちゃくちゃイライラしてます。ほんと今までこれだけはやらないようにしようと思ってましたが、久々にというか生まれて初めて親にたいして殺意が芽生えるほどイライラしました。

 

 

まあ状況が状況なのもわかるし、ギリギリでいつも生きたくないのにそうなっちゃってるのもわかってるけど、だからって娯楽すら認めないってのはさすがに腹が立った。

 

 

まあこれ以上言ってもきりがないからここでやめとくけど、二度と実家に帰らねえって正直思いかけたぐらいには腹が立った。それはがち。

 

 

とまあ、イライラしてものに八つ当たりしてもなにも生まないから、このやり場のない怒りをどうしようか考えていると、こんな考えが浮かんだ。

 

フェイスブックでの友達向け(といってもほぼほぼいない、、、)の投稿でも書いたが、こんな公式だ

 

 

昭和世代の頑固者+貧困=

 

 

うちの親は、父親は説明しても人の話聞いてないから特に問題はないが、母はめっぽう新しい技術とかを嫌う人だ。

 

 

そのわりに多分ゲームとか何かやらせたら、ネットで最強プレイヤー現れたと話題になって、その正体がうちの母だった、みたいなことになりそうなほど、器用なのである。

 

 

そんなバケモノ並の器用さを持ってても、その新しい情報を知ろうとはしないのが、何か見てて惜しいと思っている。

 

 

まず昭和世代の情報源はなにか考えてみよう。

 

 

俺らはTwitterとかフェイスブックなどのSNSをはじめとする、要はインターネットだ。まあ確かにネットはガセネタとかもあるかもしれないけど

 

 

それに対して昭和世代の情報源の多くは、テレビだ。

 

 

ここで昭和世代と現代の若者との大きな差ができる。それは、情報が入るのにフィルターに通されてるか否かの違いだ。

 

 

インターネットの場合、オブラートなしでロックで情報が入ってくる。その分ガセネタもあるので、何でも鵜呑みにせず、うまく知る力が必要になる。

 

 

しかしテレビの場合、まずBPOが絡んでくる時点で、フィルターがかかる。そして、政府のメディア戦略により、国民には自分達の都合の良い部分しか伝わらないようになっている。

 

 

そして何より、マスコミのモラルのなさもある。マスコミはどうしてもデメリットしかとらえようとしない。そのモラルのなさゆえにマスコミがマスゴミと呼ばれる所以である。

 

 

独裁国家が情報操作してるのか、怖いな~とのんきにいってるやつら。ぶっちゃけ日本も同じようなもんやぞ。

 

 

そんなものが情報源となると、当然昭和世代の人間には、悪い情報しかいかなくなる。コインチェックのやつだって、マスコミが悪い情報しか流さなかったもんだから仮想通貨怖いわーというやつらが多い。

 

 

昭和世代の頑固者だけでこれだけ根拠というか原因があるのに、そこに貧困が加わるとどうなるか。

 

フェイスブックではドリームキラーと書きましたが、個人的にはこうなるんじゃねえのか、と思ったりします。

 

俺が言いたい=のあとはずばり、

 

 

犯罪者

 

特に詐欺とかそっち系。でも何で犯罪者なのよ。

 

まあ昭和世代の頑固者で貧困なやつはみんな犯罪者だ、とは言わない。けど、そうなりそうな気がする、と俺は思う。

 

 

だって冷静に考えてみろ。金持ちが詐欺なんてやるか?普通

 

 

いや~今めっちゃ金あるからそこの婆さんから800万円騙し取ろうかな~

 

ならないから‼

 

Why Japanese people!!!!

 

誰が厚切りジェイソン

 

 

大体金がなくて、かといって普通に働いても少ししかもらえず、多額の請求の期限が近くて、どうにもならないから詐欺に走る、そういうものなのではないかと俺は思う。

 

 

海外では災害が起こると、スーパー等で略奪等が起こるが、これは、人間が追い込まれると、そういうことになると俺は思う。

 

 

正直、貧困はあかんと思う。まあ思ってもどうしてもなるときはなるから仕方ないけど。

 

 

だからこそ、そうなる前にまず知ることから始めるべき。まだなんとかなるうちに手を打っとけば、いくらでも挽回できる。

 

 

どんなに儲かるか不安でも、そのときにやらなかった方が、よっぽど今後は悲惨なのである。

 

 

ただでさえ国会は崩壊してると言っても過言でもないのに、それでも労働に固着する人たち。そういう人たちを見ると、あーどうするんだろうね~と思うのだ。

 

労働が嫌なのなら辞めちまえば良いじゃん。それでビジネスやればイイだけじゃん。最初からうまくいくやつなんてそうそういない。

 

 

ヒーターだって、スイッチ入れてすぐ部屋暖まらないじゃん。それと一緒さ。

 

 

だからこそ俺は、逃げないつもりだ。己の夢からも。

 

 

とりあえず今日はここまで!

 

P.S.

 


f:id:ddaiske35:20180311163732j:image

 

やっちまった。気づかずに踏んだら壊れた、、、

 

 

ライン@

 


f:id:ddaiske35:20180311163838j:image