暇人見聞録

大体ものすごく暇なときに思ったことをありのままで書きます

ただのお知らせだばかやろう

どうも土橋です。

 

最近好きな人にラインを送っても毎度毎度返信遅かったりするのはいつものことのはずなのにめっちゃ心配になったりする病がまた出始めて何か、あれです笑(語彙力wwwww)

 

今回は、題名の通りお知らせしかしないので、かつてないぐらい早く終わります

 

 

今までビジネス関連やゲーム紹介など、すべてこっちでまとめてやっていましたが、あるものについて書くには、ここでは狭すぎるなと感じました。

 

そのあるものとはずばり、、、

 

 

鉄道について

 

 恐らく一番最初の自己紹介でちらっと言ったが、鉄道オタクなんです。

 

 

なにィ見てねえだと⁉見てこいばかやろう‼

 

なんてね

 

鉄道オタクと言うぐらいなので、それぐらい鉄道愛がえげつないということなので、新ブログを作りました。

 

題して、、、

 

 

俺は鉄学をすすめるぞ、ジ⚪ジ⚪〜

 

 

隠しきれてないですね〜さすが俺

 

 

まあ最近地味にジョジョにはまりつつあるものでして、、、

 

ここでは、鉄道にまつわる秘話や歴史、知られざる謎だけでなく、俺みたいな鉄道オタクになるために身に付けておくべき基礎知識も解説していきます。

 

 

詳しい内容や、書くことについてはその新ブログでも書くのでよろしくです!

 

 

という訳でみなさん、これからもよろしくお願いいたします。

 

以上!

 

さっきのやつ、シミュレーションって言おうとしてたんですよ、、、

どうも、土橋です。

早速謝らせてください。さっき書いたブログに載せた広告のサービス、あれ今月で終了でした。

やったのせれた〜!ってテンションあがっていたので全く気づかなかったのですが、あとで見たら、うそ〜んって思いました。大変申し訳ございませんでした。

あぁつもぉりいぃ〜


という訳で、今回はブログを始めるにあたって、どのようにすれば良いのか、それをまた徒然なるままに書いていく。


目次

  1. 第一章 無料でいくか金をかけるか
  2. 第二章 仲間を多く作れ
  3. 第三章 最強兵器

第一章 無料でいくか金をかけるか


ブログのよい点は、Twitterとかと違い、まず広告を張り付けることができたり、また、文字数の制限もないため、書きたいことを書きたいだけかけることだ。


ブログを始めるには、まずその土台となるホームページというのが必要だ。ブログはかけないわ、書いたとしてもその場所がある住所(URLのこと)がなければ話にならない。


そのホームページの作り方についてここでは書く。


まあホームページという言い方が適切かどうかはわからんが、とにかく入り口となるものをどうやって作るかだ。


無料でいく、という方法はわりと想像がしやすいだろう。例えば今まさに使ってるはてなブログや、有名人御用達のアメブロ等、至るところにそういった環境というのはある。


では逆に、金をかける、これはどういうことなのか。なんで無料でできるのにあえて金をかけるのか。そもそもどうやるのか、ということになる。


では、金をかけて何をするのか。それは、、、





ドメインを取得してレンタルサーバを借りる






f:id:ddaiske35:20170926190438j:plain


今ほとんどの人がこうなったと思う。

ドメインってナニよ、って思った方。あれですよあれ、〜.comとか〜.co.jpとか、そういうやつですよ!

レンタルサーバは、読んで字の如く、サーバを借りることだ。


一般的にはレンタルサーバドメインはセットになっている事が多く、レンタルサーバを契約するついでにドメインも取得できたりもする。しかしそれだと料金が割高になることもあり、最近ではドメインだけを違うところで取得したりする人もいるとか。

興味のある人は、したにオススメの会社をのせておいたので一度覗いてみるといい。

ちなみに、この金をかけるやり方については、アフィリエイターと呼ばれる、いわば広告収入だけで食っている人たちがよく使うとのこと。なぜそうするのか、それは次の章でわかる



第二章 仲間を多く作れ


元々ブログというのは、ある意味日記のような感じで扱われていた。しかし時代は変わり、かつてブログで普段の私生活を投稿したりしていた人たちは、次第にTwitterやインスタで投稿するようになった。


それでもブログを書くのには理由がある。それは最初にちらっといった、広告収入のためである。


では、その広告いったいどこから持ってきたんだい?となると思うが、実はこれも、きちんとした場所にあるのだ。それは、、、


ASPである




f:id:ddaiske35:20170926190438j:plain



たこうなった人がかなりいると思う。


ASP。正式名称はアフィリエイトサービスプロバイダという。要は広告代理店みたいなものだ。


昔は広告といったらTVのcmや、チラシ等々があったが、これだけネットが普及した今、むしろこのASPの需要がかなり高い。


この章のタイトルである仲間を多く作れというのは、言い換えると、多くのASPと契約することを言いたいのだ。


確かにASPでは多くの会社の広告を扱っているが、ASPによって扱っていない広告があったり、同じ広告でも報酬が異なったりと、なかなか深い部分がある。また、ASPの中でも、例えばファッション系の広告専門であったり、ゲーム系専用のASPもあったりと、厳選したものだけでも37種類あるとのことだが、実際はかなり多いはず。


以下は実際に使ってるASPである。基本的にブログをやってないと登録もできないものがほとんどである。しかし、下のa8.netというのは、サイトがなくても登録できるので、初めての方や、どんなものなのかを知るにはかなりおすすめである



カンファレンスバナー



第三章 最強兵器


さて、ブログも開設して、ASPも登録して、さぁ〜て書くぞ!となったが、アフィリエイターとしてやる方等は間違いなくまずこう思うだろう。


どんな広告載せよう、、、


また、俺みたいな既にやってきた経験者の場合は、



俺のブログに合う広告ってなんだ、、、?


と思う。


現に俺もそうであった。だからこそあえて避けてきた。だが、そんな悩みを解決してくれるありがたい機能が実はある。


これはASPによって名称が違うが、どういう機能か簡単に説明すると、



ASPが自動でブログの内容に合った広告を選んでくれる




f:id:ddaiske35:20170926201415j:plain


またあいつ出すと思ったろ。バカめ、出す分けねえだろ!


そんなうまくいくわけないでしょ!

お父さんあれほどいったでしょ。



誰がお父さんやねん、、、


これはつい最近(といってもいつから導入されたかは不明)増えた機能で、上に載せたASPバリューコマースというASPがあるが、あれを例にすると、バリューコマースの場合は、張りつける際のバナー(よくある字とか写真とか色々あるあの四角いあれ。わかんねえな絶対、、、)のサイズとジャンルを指定するだけで、あとは勝手に選んでくれるという機能だ。


これに関しては提携したもののなかでのチョイスか、はたまた提携の有無関係なくなのかが定かではないので、現時点で詳しいことはわからない。


とまあそういう昨日もあるということだけを覚えておいて欲しい。


ここまで色々書いてきたが、ブログを書く上で一番大事なことは、今何をしたいか、どんなことを書きたいか、とにかく自分の心や感情のまま書くことが大事だと思う。


自分にとってブログを書くことは、己の考えをありのままに吐き出すための儀式だと思っているから、それさえ出来ればと思っているから、文章とかそこらへんはぶっちゃけ適当である。


たまにTwitterで、ブログを書くのが苦手ならばツールに任せましょう!というツイートを見るが、正直それはお門違いだと思う。むしろ、苦手だからこそ書くべきだと俺は思う。


どんなに文章ぐちゃぐちゃでも、一番伝えたいことが伝わればそれで充分だ。他にはなにも要らない。そう俺は思う。


とにかく書け!それで充分。


という訳で今日はここまで!

ではではっ


シュミレ、あ、違う、シミュレ、あれ、シュミレ、っあぁっもういい!


という訳で今日は以上で〜す

ってちゃうわ!!

ちゃんとやりますよ。はい戻って戻って

という訳で土橋です。


今回は前回予告した通り害悪ネットビジネスバカに全力で喧嘩を売る予定でしたが、予定を変更して、自分のブログに対してのスタンス等伝えていきたいと思う。


まあ俺のブログの特徴とかは長年見てくれてる人にはきっとご存じだろう、と信じているが、初めての方は過去の投稿を読み漁ってくれるとありがたい。

まあ、好き勝手に書きたいことを徒然なるままに書き殴るスタイルをなんやかんや貫き通している、といったところが俺のブログの特徴だと自負する。


じゃあなんでいまさらこんなこと書くのよって思うが、それはこないだこんなことがあったのだ。



ついこないだ、最近俺のビジネス仲間が、

ブログ始めようかと思うが何かアドバイス欲しい

と言われた。

その友人は、俺がビジネスを始めたときと同時期に知り合い、今では仮想通貨をメインに、物販でも活動をし、確実に利益を出してるなかなかやばいやつである。

そんな友人がブログをやろうと決意した際、真っ先に俺に相談に来た。


はてなブログって使いやすいの?とか、どんなこと書けばよいの?とか色々聞かれたが、長年俺があえて避けてきたアレについて聞いてきた。それは、、、


広告収入用にやらないの?


ウワァァァァァヤメテクレェェェェグワァァァァァァァッッッッッッッ、、、バタッ


とまではならなかったが、とりあえずその事には案の定触れられた。


まあ、あれですよ。変に広告のせたら、どうしてもその事について書かなきゃいけないと思ってしまい、そのせいでなんか文章や構成が変な感じになるから避けてたんですよ。


あと、自分の書くブログの内容に合う広告がなかなか無く、それに関連して自分が使いたい広告もなかなか見つからないということもあり、結果なんやかんや避けてきた。

じゃあ今回のブログの一番上のやつは何なのよ、と思う方もいると思うが、そう、今回から長年避けてきた広告についに手をつけてしまったのだ。


その事についてこれから書くとなると、かなり長くなるので、今回は一端ここで終わりにする。

もしかしたら初回の自己紹介以来久しぶりの2ラウンドスタイルになるかもしれない。


という訳で一端終了!少しだけ寝てから第2ラウンド書きたいと思います!

無気力な社会人が多い理由

どうも土橋です。お久しぶりです。

 

ちらっと最後にブログ投稿したのいつかみたら6月だったのをみてやべえやんって思いました笑

 

 

色々ありましたね〜

 

チェスターが死んだとかチェスターが死んだとかチェスターが死んだとかチェry

 

まあそれに限らず色々ありまして、なかなか書く暇もなく、あったと思ったら好きな人に対する思いが冷めて書く気にならなかったり

 

まあ正直今も好きな人に対する思いは、う〜んもう諦めるかなって気持ちは少しある。

 

 

まあそんなこんなで、今日もやっていきましょうか。

 

てなわけで、今日の題名は

 

無気力な社会人が多い理由

 

です。

 

今までは何て言うか、こうしようぜとかこういう生き方したらどうよ‼的な感じだったのだか、まあ後半なんやかんやそんなおわりかたになりそうな気もするが、、、

 

そこはとりあえず置いといて、今までは提案的なことをバンバンいってきたが、今回はあえて、なぜ今こういう現実になっているのかを、自分なりに解釈して思ったことをただいうという感じでいく。

 

 

1.目標がわからなくなるから

 

いきなり私事になるが、妹が現在中3である。今中3であるということは、すなわち受験生である。

 

いきなりなに言い出すんだこいつはって思ったかも知れないが、実はこのことこそが社会人と学生(この場合の学生は高校生までのこととする)の違いである。

 

小学校から中学校までは義務教育のため、私立の中学校に行くと決心しない限りは、自動的に行けるが、高校からは義務教育ではなくなるため、当然高校に入るには試験を突破しなければならず、そのためにも勉強というものが必要になる。

 

このときというのは、この学校に行きたい!とかこういうことを学びたい!とかそういうはっきりとした目標があるため、皆一心に努力する。また、その目標を達成する手段が勉強しかないというのも、そういう目標に向かって頑張るということが容易いのだ。

 

対して、社会人になってからの目標とは何か。と言われると、いろんな答えが帰ってくる。高級車乗りたい、とか、親孝行したい、とか、独立したい、とか色々言われる。ではその目標を達成するにはどうしたら良いのか、と言われると、大概の人が口を閉ざす。

 

このように、学生と社会人の違いは、道が一本道か分かれてる箇所が多い道か、というような違いである。大概の人がとりあえず会社に入って、なんとなくそこで人生を送る、という具合になっているのだ。

 

だいぶ昔に読んだ四コマ漫画で、こんな感じの内容のネタがあった

 

学生のころは学校に来て、机に座っていれば先生が授業を教えてくれた。

 

しかし社会に出たら、教えてくれる先生など誰もいない。

 

とりあえず地面に座っていれば誰かが何かを教えてくれるかもしれない。そんな若者が出てくるかもしれない。

 

という感じのネタであった。

 

流石に地面に座りだすやつはいなくても、それに近いようなやつは結構いると思う。俺的には就職試験とか履歴書に

 

何でもやります!

 

とか

 

言われたことはきちんとやります!

 

的なやつはたぶん今いったやつに当てはまると思う。

 

パリピだなんだ騒いでるやつらいるけど、ああいうやつらは大体英語さっぱりわかってねえだろうなって思うし、そういうの見てると何かぶん殴りたくなるのはここだけの秘密ね。

 

という訳で、今までは俺らの中で見て思ったことを書いていました。

 

これ見て中間管理職とかについてそうなオッサンどもが、あ〜めっちゃわかる〜とか思ってるかも知れねえけど、今度はお前らも原因だぞ的なことを書いていきます。覚悟しておけ!

 

 

2.己のことしか考えてない糞共

 

まあこれはね、誰しも思ったことあるでしょ。何もわかってないくせに上からベラベラもの言いやがって、とか、役立たずの癖に偉そうに、って上司や先輩に対して思ったことは、少なからずあるはず。

 

大概そういう上司や先輩というのは、はっきり言いましょう。

 

ほんとに役立たずです

 

まあ一番有名なのは、某電通の新入社員が自殺してしまったやつですね。最近は、身内で亡くなった方がいて忌引きで休んだ社員に対して、会社が忙しいときになくなるなんて、空気の読めない一家だ、というクズ発言をしたゴミもいるぐらい、世の中にはそういうやつがいるんです。

 

そんなやつに自分の夢とかやりたいことを言っても、帰ってくる返事は、いいから仕事しろ、という返事。

 

最近ではドリームキラーとかいう害悪もいるもんだから困ったもんだ。

 

という訳で、これ以上かいたら、殺意がわいてくるのでここまでにしておきます。

 

まあこういうことを書いて、毎回見ている方もいると思うが、そのなかには少なからずネットビジネスをしている人もいるかと思う。

 

という訳で、次回は、そういう夢とかやりたいことがあるやつを食い物にしようとしてる害悪ネットビジネスバカに全力で喧嘩を売る予定なのでよろしくです。

 

という訳で、近所のマックに行きます〜

 

ではではっ

 

 

お前ブスだけどんなもん知らねえから旅出ろばかやろ〜

絶対俺仮眠室で爆睡できる自信あるわ

 

という訳でどうも土橋です。

 

何か、コールセンターの求人とかでたまに仮眠室あります的な、24時間受付的な感じでやってるところとかがそういう配慮してると思うのだが、仮眠だって言われてもいざ寝出したら平気で5時間は寝てたって、わりとあるあるじゃない?と思ったり。

 

え〜まず、申し訳ないですが、今回もGT6の車紹介的なやつ延期させていただきます。

 

まあ、まだ写真とれてないとかなんですけど、これはネタバレ的になりそうであまり言いたくなかったですが、この企画3部構成で行こうかと思ったりしてます。まあ、詳しい内容とかはまた、そのときに言います。

 

では早速、本題のほうに行きたいと思います。

 

 

これは、ついさっき気づいたのですが、ビジネスをはじめて、実は今月で

 

1年経ってるんですよ

 

だからという訳ではないのだが、実は今日、久々にガッツリとした一人旅をしてきました。

 

実は高校の時から、JRで出ている1日散歩切符という、何ともコスパの良さそうな物を使って旅をしてみたいなと思ってて、思いつつも忙しかったり、金がなかったりでなかなか実現には至らなかった。

 

本当だったら、金を稼ぐために今月の5連休潰そうかなって思ってたりもしてたが、どうにもそんな気になれず、結局そのまま残しておいたのだ。

 

今日はその1日目であり、寝てすごそうかなとも思ったが、その例の切符の使えるのが、土曜、休日のみであり、ちょうど日曜日だったので、何かこれは神様が行けって行ってるんじゃないかと思い、天気はあいにくでしたが、それでも強行突破で言った次第です。

 

まあ結論というか、感想になりますが、

 

行って大正解でした

 

前のブログでもちらっと言っていたが、仕事面でも私生活やビジネスでも、色々好転していると言っていたのだが、それと同時にさらによくしようという気持ちもあった。

 

そういうときだったからこその今回の旅だったなと思い、そのお陰で、今まで以上にしょうもないことに気づきやすくなり、それと同時に、今まで以上にしょうもないことを思い付くようになりました。まあそれだけではないが笑

 

要するに、あらゆる事に対してさらに敏感に反応できるようになりました。そしてそうなったからこそ、今月がビジネス始めて1年じゃん、って気づいたわけです。

 

まあまず、一年前と変わってるかって聞かれたら、正直

 

変わりました。

 

もしあのとき、やるって決めずにあのときの仕事を続けてたら、下手したら刑務所にいるか、あの世にいるかでした。少なくとも、仮眠室で爆睡できる自信があるとか、そういうしょうもないことは全くと言っていいほど言えなかったと思う。

 

そして、ビジネスって言うことで絶対聞かれると思うが、稼げているか否かということだが、そうですね

 

稼げていますね。

 

ただ、同時期に始めた友人たちと比べたらまだまだだが。

 

ビジネスやってる人ってみんな口を揃えて数字がすべてだとかなんとか言うと思うんですよ。まあ確かにそれが事実なのも十分わかるし。

 

ただ、ろくにビジネスも何もしたことのないやつらに、俺の稼ぎを聞いて、くそも稼げてないじゃんと思われるのは、正直むかっ腹がたつ。

 

まあ、1年この世界にいて思ったのは、大体今上でかいたやつらって言うのは、秒で消えていったね、って言うこと。簡単に稼げるとかなんとかいってるが、はっきり言ってくそほど簡単じゃない。少なくとも同時期に始めて、今の時点で月収100万越えてるやつらは、それなりの苦労と、努力をしている。

 

水道止められたり色々あっても、それでも気合いでやり続けたやつは今月収100万だし、胃腸炎になって大阪で死にかけても、目の下のクマがえらいことになってもなお努力を続けて、俺が金がないやって言ったら、うちと遊ぶにはまだレベルが足りないね🎵ってバカにしつつも、それでも俺に尽くしてくれてるやつもいる。

 

中には、それなりに結果出してたけど、精神的に限界が来て、やむ無く去っていった仲間もいる。けど俺は、そういうやつらに対しては、むしろよく頑張ったと称賛をする。

 

それでもお前は数字で決めつけるのか。それでもお前はくそだなといい続けるのか。少なくとも今バリバリ稼いでいるやつらは、一円でも多く稼ぐ事がどれだけ大変かわかっているやつらだ。俺も努力して、っていうか努力が足りなかったと思うが、そいつらがどれだけ努力したか、そいつらがどれだけ身を削ってきたか、お前らは知らなくても、俺は知っている。ずっとそいつらのことを見守ってきたから。

 

ほんとに今1年たったからこそ改めて言いたい。今ビジネスやろうか迷ってるやつら、マジでやっちゃえ!

 

まあ、稼ぎは努力次第って感じだからどれだけ稼げるかはわからない。けど、少なくとも1年前の俺は、少量の額でも稼いでいる自分を想像することも出来なかった。そんな俺ですら稼いでいるぐらいだから。

 

あとは今の現状的なものだが、今年は仮想通貨元年と言われるくらい、仮想通貨が熱い。ビジネス始めたとき、最初に始めたのが、ネットビジネスを教える学校という、いわば教育ビジネス的な感じだった。まあメインがMLMだったのだが、あまりそこでは稼げなかった。

 

しかし仮想通貨のすごいところは、持ってるだけで増えるということ。こんなゲームで言うベリーイージーなものは、まあ今後どうなるかわからないけど、このくらい簡単でシンプルなものは、想像ポンポンと出ないと俺は思う。

 

とまあ。今書いたのは、始めるか迷ってる人に向けたもの。今回の題名については、始めるか迷ってる人だけでなく、すでにやってるやつらにも言いたい。

 

今回の題名は、あることわざを軽くいじったものだが、もとのことわざがこれだ

 

可愛い子には旅をさせよ

 

子供のうちにいろんな事を学びなさい的なことわざ、だった気がするが、なぜ今回の題名があんな感じになったのか。

 

原点回帰しろよ

 

ってことです。

 

まあ、実際のところ原点回帰だけじゃないですが、、、

 

仕事でも、ビジネスでも、何にでも言えることだが、人間はなれてくるとその作業に意識するあまり、今までと変わってるかどうかの実感がわからなくなるもの。何かよくアニメとかで、俺は成長できてるかな、とかなんとかそんなやつ。

 

まあいくら周りが成長してるよっていってくれても、やっぱり一番信用できる自分自身が思えないと意味がない、と思ったり。

 

じゃあマジで旅に出たほうがいいのか、

 

まあ〜そうですね、

 

ほんとに出ちゃいましょう!

 

というよりも一番大事なのが、今自分がやってる作業の手を一端止めようぜ。ということです。

 

MLMとか投資とかで色々アポとったりしてるその手を一端止めようぜ。fxとかで売りとか買いとかなにやってるか知らんがとりあえずそのポチポチ一端やめようぜ。一端今やってることから離れようぜ。ということです。

 

例えるならば、彫刻家がガンガン彫ってて、できたときにちょっと離れたところから見ることと一緒。彫刻家とかは形として現れるから分かりやすいが、これは内面的なことだからなかなかわからないもの。

 

とにかく旅に出たりして、自分と言うものを改めて芸術作品として別の視点で見つめ直すこと、これこそが今後の成長を左右する重要なことだと俺は思う。

 

今回旅に出たのも、今回5連休を残したのも、このためだと思う。

 

今まで共にやってきた仲間たち、そして今も共にいる仲間たち、そしてサポートしてきてくれたアップラインの方々に告ぐ。今すぐリュックひとつだけ持って好きなところに旅をせよ‼とにかくやりたくてしょうがなかったことをやれ!

 

そして菊池、多分また見てると思うから暇だったら拡散してくれるとありがたいな〜。何てね🎵

 

という、今心のなかにあるものを、中島みゆきさんのヘッドライトテールライトという曲を聴きながら全部吐き出しました。

 

という訳で明日も早起きなので、お休みなさい!
f:id:ddaiske35:20170626002957j:image

 

↑ちなみに今日撮った写真の一枚っす

じょうしょうしつつも、じょうしょうせよ

どうも、土橋で

 

 

わざとです笑

 

今日は、、、、

 

ってその前に、

 

今、今日はって打とうとしたときの予測変換の最初が脅迫だったのがわりとウケたwwwww

 

なんでよって思ったわwwwww

 

という訳で、今日は本当だったら前回で言ってたGT6の俺の所有車大放出的なやつをやろうとしましたが、急遽予定を変更します。

 

まあなんとなく理由は察することができると思うが、、、

 

 

もう多分皆さんご存知かと思いますが、市川海老蔵の妻であり、フリーアナウンサー小林麻央さんが、22日夜、お亡くなりになりました。

 

Twitterとか見てると、海老蔵が会見やる前に速報で流したマスコミはクズだ、とか、まだ34歳なのにかわいそう、と追悼の意を表する方もいれば、大して興味もなかったのに、いきなりブログとかスクショし出して、ずっと好きでしたとか言い出すにわかくそブスな女子中高生がで出す等々、思うことは人それぞれである。

 

 

朝、海老蔵さんが14時半に会見を開くとの知らせがあり、それと同時に公開したブログのタイトルが、人生で一番泣いた日、であった。

 

別に今このブログで、マスコミは殲滅しろとか、全員一回死ねとか、そういう批判全開なことはいうつもりはない。というか、するだけ無駄だと思う。どうせそういうやつらは聞く耳すら持たないから。

 

もし仮に、自分が麻央さんの親戚だとして、なくなった麻央さんにどんな言葉をかけるか。

 

俺はこう言うね。

 

お疲れ様

 

まあ、なんやかんやこの世界に生きて21年たつけど、その間に自分の親戚も死んでしまった人もいるし、さすがに友人でなくなった人はいないが、妹の友人の妹がなくなることもあった。あとつい最近だったら、廊下ですれ違った時にたまに挨拶する程度だが、同じ職場で見たことのある先輩がなくなったのもあった。

 

そこで行かないでって思うのもわかるが、かといってそれで戻ってくる訳でもないし、なんで死んじまったんだって言われても、別に死にたくて死んだわけじゃない場合もあるし。

 

なぜお疲れ様、というのか、その理由のひとつは、麻央さんが乳ガンと宣告された時から始めたブログにある。まあ内容はともかく、そのブログを書くという行為そのものが、個人的にはすごいと思う。

 

決して認められたくて書いてるわけじゃなく、ただ死が近いからこそ、自分のすべてをさらけ出す。そうすることで、揺るぎない信念ができてくる。そう思った。

 

テレビで海老蔵さんの会見の模様を流してるとき、丁度俺は昼休みの時だった。そのとき、ある思いがわき出てきた。

 

そしてそれと同時に、今まで以上に全力で生きようと心に決めた。

 

後悔先に立たず、ということわざがある。何事も後悔が先に来ることはないという意味だ。

 

そこら辺の適当なことしか言わないインチキネットビジネスどもとか、そのなかでも真面目にやってる個人事業主も、色々言ってはいるが、ただひとつ口を揃えていうのが、後悔しない人生を送れ、という。

 

自分も、今好きな人がいて、少しでもその人に追い付くために、こうして仕事も副業も頑張っており、それが項をそうして、新人のトレーナーに抜擢されたり、仲間からいろんな案件を教えてもらったりと、あらゆる事が好転してきている。

 

だが、それを良いことにのんびりしてると、また元の木阿弥となる。

 

人間の死というものは突然来る。何気ない見送りが最後に見た姿だったなんてことも普通にあり得る。

 

そんなときに、というよりそんなときじゃないときでも、常に自分に言い聞かせている言葉が、今回の題名である

 

あえてひらがなでやったが、どう変換するでしょう?

 

 

 

答えは

 

 

 

常勝しつつも上昇せよ

 

自分が成長するには、まず周りのやつらの上にたつこと。それができたら今度はその状態を保つ、これが常勝に当たる感じで、ただそのままでいるといつか必ず追い付かれる。だからこそいっそのこと誰も踏み入れたことのない領域に向かって上昇せよ、という意味合いだ。

 

今回の件で、それに誰のために常に意識するか、というものが加わった。自分のためだとここまでにはなれない。だが、愛する人と一緒にいようとするため、愛する人に寂しい思いをさせないために、ひたむきに客と向き合いつつも、センターでの絶対的エースと呼ばれつつも会社に貢献し続ける。

 

 

最後に、今言いたいことを言って終わる。

 

 

好きなことをやれ!悔いを残すな!そして、それを止めようとするやつを抹殺するつもりで生きろ‼

 

P.S.

 

あえて名前は言いませんが、もしかしたらこのブログを自分の好きな人が見ているかもしれませんし、これは確実だと思うが、投稿したら必ず見るというその人の友人も必ず見ていると思うが、もし見ていたら、こう伝えといてください。

 

俺は必ず追い付く。だから、ずっとそばに居させてください。愛してるよ!

 

ソバ?うどんもいいな〜何てね🎵

 

終わり

 

 

現実以上、空想、、、以下?

さっきまで恋愛がらみの悩みで、いっそのことブログやめようかとも考えていた土橋です。

 

いや、辞めねえよ。普通にやりつづけたるわ。なんなら書いちゃまずいこと書きまくって公安に目付けられたるわこのやろう。

 

まあ冗談や冗談。てなわけで、いい加減あのシリーズに手を着けたいと思います。もう久々過ぎてタイトル忘れた笑

 

あ、書く前にひとつ。この今書くやつのシリーズ、一端今回をもってやめにします。まあ理由は、書いててあらゆるヤル気が削がれて行く感じがして、読者も作者も何かあれかな?って思いますゆえ。

 

まあ、暇なときにいきなりやりだすので、そのときまでしばしさらばって感じでお願いします!

 

さあて、今回紹介するのはこいつだあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッッッッッッッッッッッッッ

 

 

 

 

 


f:id:ddaiske35:20170601012956j:image

 

はい

 

まあ、みなさんご存じの、

 

GRAN TURISMO

 

シリーズ6作目のやつですね。

 

正直言って、You tubeにある動画で見つけるまでその存在すら知りませんでした。

 

だって〜、よくヨドバシとかビックカメラとかのテレビのエリアでバンバン流れてたの5のときだったんだも〜ん

 

まああのときのあの映像美がすごすぎて、衝撃でしたわ。

 

何でわざわざ今回GRAN TURISMOなのか。まあ、色々噂になっているGRAN TURISMO sportがついに発売するんじゃないかってことで、だからこそ知るべきなんじゃないか?と思ったり。

 

 

何か噂ではついにポルシェが出るとかでないとか。まあフェラーリとかランボルギーニとかが出てるから、そうなるとってところもあるわな。うんうん。

 

あ、このゲームの特徴?今回の題名を見て想像してくださ〜い

 

 

あ、ごめんなさいごめんなさいちゃんとやります〜

 

ただ、ほんとにその通りなんですよ。いやマジで。

 

これは記念すべき第一作から、生みの親である山内一典さんが

 

ドライビングシミュレータである

と言っているぐらいである。

 

レースゲームと言わずにドライビングシミュレータと言っちゃうあたり、さすが天下の一典様は言うことが違うね〜

 

ちなみに、今回紹介している6が出た2013年は、第一作目が発売されてからちょうど15周年とのこと。今回の写真のやつは、その初回番のジャケットである。

 

なぜこのゲームの特徴を今回の題名にまでさせたのか

 

それは、そのくらいよりリアルと未来を突き詰めてるからである

 

リアルで言えば、実際にこのGT6を使ったドライビングスクールであるGTアカデミー(現在は開催していない)が行われたり(ちなみに、前作のGT5でも行われた。こちらも現在は開催していない)、そのアカデミーの卒業生が実際のレースで活躍し、中には優勝者もいるとか。

 

名前は忘れたが、現在日本で行われている、Super GTレースで活躍している外国人選手がいて、その選手がこのGTアカデミーの卒業生だったとのこと。ちなみにその彼は日産の車でレースをしているとのこと。

 

それ以外で行くと、今まさに行われている(か終わったぐらい)ニュルブルクリンク24時間耐久レースで、クラス優勝も果たしたことがあるとか。ちなみにこのときは、生みの親である山内一典さんもステアリングを握ったとのことで、その際のレース車両も収録されている。

 

未来で言えば、このゲームの最大の特徴と言っても過言ではないこれだろう

 

それは、、、

 

ビジョングランツーリスモ

 

これは何かというと、実在するメーカーが、このゲームのために開発したという車がここに集められている。日産や三菱、スバル、トヨタはもちろん、海外ではメルセデス・ベンツBMW、さらにはMINIまで参加しているという。

 

まあ、このゲームの特徴とかははっきり言って、これ以上かいたらきりがないので、とにかくこの一言に尽きます。

 

 

とにかくやってみろ

 

それに尽きます。

 

そのくらいやることはシンプルなはずなのに、とんでもなく奥深い。普通のゲームとは一線を画しているこの世界観。

 

という訳で、このシリーズは一端終わりにしますが、何か書いてたら自分が持っている車を自慢したくなってきたので、次回はただただ自己満な感じになるのでしばしお付き合いを

 

終わり