読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人見聞録

大体ものすごく暇なときに思ったことをありのままで書きます

自己紹介を兼ねて、、、第2ラウンド

どうも、Doverこと土橋です

 

って2回目やないか~~~~~い

 

はい、2回目です笑

 

前回思いの外がっつり書いてしまったため、

急きょ2部構成にしました。

 

 

 

では今回は今までの人生振り返りたいと思います。

 


f:id:ddaiske35:20161204232425j:image

 

さぁ誰でしょ~~~~かっ、って俺やないかい

 

まあそれは置いといて何歳に見えます??????

 

 

 

正解は、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20歳です!!!!!!

 

 

 

 

老けてる?何だとコノヤロ~笑

 

てなわけで来年成人式迎えちゃうわけです(成人式の招待状来るまで全く実感わかなかったのは秘密)

 

まあ成人式迎えるから、今までの歩み振り返っちゃおうかなぁ~というのが今回のテーマです

 

 

Twitterフォローしてる人は知ってるかと思うが、試される大地北海道出身です

 

まあ子供の頃の僕はめっちゃ泣き虫で無口で、恥ずかしがり屋でした。家もまぁ結構な貧乏でした。

 

そんななか唯一楽しかったのが、列車に乗ってるときと、乗り物図鑑的な本を読んでるときでした。小学校1年のときには、大人向けの鉄道関係の雑誌もたまに見たり、週刊で出る鉄道関係の雑誌も買ってたり、なんだかんだ鉄道マニアでした笑

 

小学校の4年か5年のときかな、父親がそのときは塗装工だったのだかリストラにあい、僕自身もそのときいじめを受けたりしており、ちょうどそのときはニュースでも小学生のいじめによる自殺も結構話題になってる時期もあり、一時は自殺しようと考えた時期もあったが、なんだかんだ耐えて今に至る感じです笑

 

それがきっかけで更に家庭は貧しくなり、中学の頃には一度父の実家に身を寄せる時期もありました。しかし今度は伯母の破滅的な性格のおかげで母親はうつ病になりかけ、自分も精神的に休まる暇もない地獄のような日々でした

 

その後また転校するのですが、またしてもその転校先でいじめにあい、そして高校でもいじめにあい、なんだかんだ耐えて耐え抜く日々でした。

 

高校の時、趣味のほうで変化がありました。今まで鉄道マニアでいた自分でしたが、その事に飽きが来て、ニュースでも撮り鉄と呼ばれる鉄道の写真を撮る人のマナーも問題となってたこともあり、一端鉄道マニアの世界から身を引き、その頃音楽に目覚めていた僕は楽器を始めた。

 

ギターから始まり、今ではドラムやベースにも手をつけ、気がつけばマルチプレーヤーとなってました笑

 

高校卒業後は印刷業の会社に就職。最初の頃は周りの先輩方皆良い人だと思って、毎日が楽しかったです。しかし、異動先がまさにブラック企業と言っても過言ではないくらい環境がひどく、その辺りから嫌気がさしてきました。

 

朝の8時ぐらいに出勤して終わるのが朝の5時。当然会社に泊まり込み、その後7時半ぐらいから仕事を始めても終わったのが朝の4時。ひどいときはそのくらいでした。

 

当然疲れもとれるわけもなく、仕事でのミスも多くなり、それで怒られての繰り返し、それに限界が来て、半ば精神崩壊していたようなものです。

 

 

ちょうどそのときに、前回ちらっと言ってたネット関連のMLMの話が僕に来ました。しかし、当時は周りの友人も胡散臭いとかあやしいとか言ってる人ばかりで、自分自身も疑いしかなかったため、そのときは一端断りました。

 

しかし仕事はきつく、ついに限界が来た僕は会社を辞める決意もしました。その当時は親に攻め立てられ、だがあのままいたら死ぬからどうしようもない、とにかく混乱していました。

 

その後しばらく二ートとなり、堕落した日々を過ごしてたわけですが、当然収入もなく、そこをつきそうになったとき、ネット関連のMLMの話を思い出したのです。

 

その少し前、母も職を探すためにハローワークに通いつめており、そのときに相談員の方に僕が仕事をやめた話をしたらしい。

 

当時僕はその会社に1年ちょっといたことを話すと、その相談員はこういったそうだ。

 

 

 

 

1年もいただけ充分頑張ったじゃん!もう20歳だったら自分で人生切り開けるから心配しなくても大丈夫だよ!だからとにかく良く頑張ったねって言ってあげな。

 

 

その話を聞いた後、会う機会がありこの事を聞かされ、涙が出てきました(今こうして書いてるときもぶっちゃけ泣いてます。あ、これも秘密で)。

 

ということもあり、その話を切り出した友人にやる決心を伝え、今に至る訳です。

 

 

人間20越えれば自分で人生切り開ける、1年間もその会社に居続けただけでも今ではすごいことだ、というのを親でも親戚でもない、それも全くあったことのない赤の他人にこういうことを言われるって、正直すごいことだと思うし、その事があるからこそ今の自分がいる。

 

 

現在母はミニ児童会館の先生のパートをしており、母曰く生意気なやつを毎日黙らせているとのこと(会ったときに色々話聞くたびこいつすげえってなる)。

 

 

前回も言ったが、ビジネス始めて半年近くたつが、未だ鳴かず飛ばずで、それでも辞める理由もないといっていたが、それはあのとき自分で人生切り開けるといってくれたあの人の言葉があるから、そしてそれが今の自分の原動力となっているから

 

 

 

 

またがっつり書いちまった、、、

 

 

てなわけでまた暇なときに書きま~す

 

 

 

ぽやしみ~( ´∀`)