読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人見聞録

大体ものすごく暇なときに思ったことをありのままで書きます

トンネルで立ち止まってる限り、一生闇の中

なぜか勤めてる会社の抽選会でティファール当てる快挙を成し遂げたど〜ば〜こと土橋です笑

 

まあどうせ当たらんべって思ってやったらまさか当たるとは思わなかった、、、

 

 

まあ未だに支払いとかはあれだが、それでもビジネスのほうではようやくFXの口座開設が完了し、仮想通貨のほうも寄付の手続きが一通り終わり、後はマッチング待ちって感じで、少しずつではあるが、よい感じにことが進んでます笑(いつになったらマッチング完了するんだか、、、)

 

さて、今までやってきたサバイバル系生活のすすめシリーズですが、今回ついにラストです!

 

そしてこのブログも最後の投稿です!

 

それは嘘です!笑

 

ぶっちゃけこのサバイバル系生活のすすめシリーズ終わったらネタ切れるかなって書いてるとき思ったが、案外まだいくらでもあるなって思ったんで、まあブログはまだ終わりませぇ〜ん

 

まあ今回シリーズ最後であり、一番の核となる部分について書こうかと思う。

 

今までは時間の作り方や、軍資金を稼ぐ方法など、いわゆる外的要因的な部分の解決方法であったが、最後は内的要因的な部分

 

いわゆる

 

気持ち

 

の部分について解決方法を書いて締めくくろう

 

よほどのことがない限り、基本的に人間には感情というものがある。喜怒哀楽が激しい人もいれば、そうでない人もいる。その感情に影響を与える物こそが気持ちだ。

 

この気持ちというのがなかなかとんでもないやつで、感情だけでなく、肉体にも影響を及ぼすこともあるのだから驚きだ。

 

ピアノの発表会でいざ自分の番が近づくと急な腹痛が襲ってきたり、せっかくテレビの返金保証で金もらったのにどこぞのクソバカタレのせいで全額脅しとられて、その後色々ひどい目に遭わされてその事を思い出しただけで会社で貧血になりかけてぶっ倒れそうになったりと(がちです。いずれ殺そうかと割とがちめに思ってます笑)、肉体的にもダメージとなることもある。

 

まあ前回のブログでも支払いがあまりにもどうにもなら無さすぎて病んでるって書いたが、はっきり言って今もそれは続いてる。だが今は前ほど病んではいない。

 

まあ好きな人に慰められたとか色々あるが、一番の原因がある。それは、、、

 

 

腹をくくったから。

 

まあ支払いのやつで言うとあきらめたと言ってもいいかな。

 

要は無理なら無理で好きにすればよい。訴えたければ訴えろ、と覚悟を決めたのが原因。

 

大体の人は何とかしよう何とかしようと、すべてのことを一気に片付けようとするが、そのやり方だと必ず無理が出る。

 

今までの自分はその一気に片付けようとするタイプだったが、そのせいで精神的にもきつく、結果それで精神崩壊寸前まで行った。

 

ビジネスにしろ普段の生活にしろ、一番大事で、一番声を大にして言いたいこと。それは、、、

 

 

〜しなければいけないって考えずに、〜さえしとけばなんとかなるか、と考えること。

 

普通の人はしなければいけない、という義務っぽく物事をとらえ、それでどんどん追い込んでいき、最終的に行き詰まり自ら命を絶つ場合も出てくる。

 

だが、〜だけやって親とかに迷惑かけなければ良いか、みたいに、義務としてとらえずに、押さえるべきところを押さえといて、後は好きなだけ自分なりの計画を立てて実行すればよいだけ。その実行することも義務ととらえずに、まあ適当でいいや〜みたいに、気楽にやればよい。

 

どうせ払えねえんだし、それでも払えっていうてめえの頭がおかしいんだ死ねカスってつもりで生きていけばよい。

 

とは言うもののそれでもしつこく電話が来る。特にクレカはほぼ毎日と言っていいほど来る。それで出たら払えってしか言われない。他の支払いがあるって言っても、それでもうちの支払いもあるから払えって言う。てめえいい加減にしろよ本社でテロ起こしてやろうかこのやろうって思う。まあ今こうして書いてる間にも思ってるからこれはがち笑

 

そういう時はどうすれば良いか。簡単なことです。

 

別のことをすればよいだけです。

 

かといって余計な出費を増やすのはそれはさすがにウルトラスーパーバカだが、少しでも現状を打破するために投資とかにチャレンジしてみたり、一番手っ取り早いのは仕事を頑張ること。

 

まあ確かに頑張ろうが何しようが給料は変わらないが、少なくとも気晴らしにはなるだろう。

 

今回の題名がトンネルで立ち止まってる限り一生闇の中ということですが、辛いとか苦しいとか嘆くのはかまわない。俺だって嘆いてなんとかなるならいくらでも嘆く。

 

だが意地になったって叫んだって嘆いたって、世界は何も変わらない。妄想だけで世界は動かない。となるとやることはひたむきに進むしかない。

 

トンネルには入り口がある。だとすれば必ず出口もある。だがそこで立ち止まってる限り闇の中である。そこで叫んでも、やたら声が響くだけで、誰の耳にも届かない。

 

今成功者と言われてる人たちだって、最初から成功者だったわけではない。どん底まで堕ちても、めげずに這い上がって来たからこそその報いを受けているのだ。

 

それに今の時代、もしどうにもならなくなっても自己破産という逃げ道もある。いざとなれば弁護士や法律事務所等が帳消しにしてくれる制度がある

 

やる勇気がない?自信がない?できるかどうか不安?甘ったれてんじゃねえよバ〜カ

 

できなくて当然じゃねえか。やったことねえことだもん。そりゃ自信だってねえしできるかどうか不安になるじゃん。でもせめてやってみようって思えよ。

 

失敗なんてしてなんぼのもんだよ。それで失敗したらクビとか言うやつらはおかしいのはそいつらのほうだ。お前は悪くない。失敗の数だけうまくなるし、それだけ多くのことを学べるんだ。

 

だから最後にこの事を言って終わりにしたい。

 

お前の人生お前が主役なんだ。ヘボな主人公なんて情けないだろ。ガンガン行こうぜ!お前の人生ハッピーエンドにできるのお前だけなんだから

 

というわけで、自分のすべてを全力でぶつけたこのシリーズですが、これからもまあ色々書いていくと思うんで、これからもよろしくです。

 

あばよ!