読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人見聞録

大体ものすごく暇なときに思ったことをありのままで書きます

個人的にスピードラーニングより良くね?って思ったり、、、

フォルクスワーゲンなめんなよこのやろう!!!!というわけでどうもど〜ば〜こと土橋です。

 

特に意味はないけど人生で一度でかい声で言ってみたいな〜って思ったり。まあでも結構ゴルフって意外と速くて乗ってて楽しいらしいね。まあ運転したことないからわからんが。

 

というわけで今までビジネスというか何か色々書いてたのですが、そろそろ飽きてきた頃だと思うので、今回から大々的に脱線したシリーズをやりたいと思います。

 

題して、、、

 

俺は会社やめてゲームばっかりやりたいんじゃい‼(切実)

 

はい。今まで偉そうにべらべら色々書いてたのですが、今回から大々的にクズに成り下がりま〜す。

 

というのも、ただただ今までやってきて個人的に面白いなって思ったゲームを紹介するという、ただただ自己満というかなんというか、あれだあれ。うんうん。

 

まあつべこべ言わずにガンガン行こうぜ〜

 

という事でシリーズ一発目は、こいつだ!!!!

 

どどん

 


f:id:ddaiske35:20170329034435j:image

 

 

あ、一応言っておくが割とレースゲーム率高めっす笑

 

まあタイトルは読んで字の如く、

 

WRC 2

 

である。

 

まあレースゲーム=GRAN TURISMO、という事であまり有名ではないが、実はps2時代から続いてる大人気シリーズであり、当然のことながら、FIA(国際自動車連盟)公式のゲームであるという、GRAN TURISMOにひけを取らないなかなかにすごいシリーズなのである。

 

そもそもWRCって何よって方に、簡単に説明しよう。

 

WRCというのは、FIAが主催の自動車レースのひとつで、正式には世界ラリー選手権(World Rally Championship)である。ラリーという事で、当然ながら走るところというのは、F1みたいにサーキットを走ったりというわけではない。WRCは、主に山道等をコースとして走る。そしてF1等との大きな違いは、助手席に誰かいることだ。

 

これはコ・ドライバーといって(間違っても故・ドライバーって変換するなよ。勝手に殺すなよ笑)主な役割は、コースのナビゲーションや、セクションタイムの計測等で、なかなか重要な役割なのである。ちなみにナビゲーションについてだが、実際に教えられるのは、何m先に難度(いわばカーブのきつさ。数字が低いほどきついカーブである。ヘアピンカーブや、直角カーブのときは、きちんとそのまま言ってくれる)○の右(左)カーブがある、という感じで教えてくれる。またたまに、カーブについてだけでなく、ハンドブレーキ使え等そのカーブを速くクリアするためのヒントも教えてくれることもある。

 

主な道路のコンディションは、大きく分けて3つある。

  • グラベル:いわば砂利道とかそういうやつ。砂利道だけでなく、泥沼みたいな道だったりと、細かく分けたら意外と多岐にわたる。当然ながら雨などが降ったりするとコンディションも変わる
  • スノー:いわば雪道。まあこれは分かりやすいと思うが、ただただ地面が白いのが雪道というわけではない。アイスバーンだったりと、これもそこそこ種類がある。道産子だったり雪国出身の人だったらイメージがつきやすいだろう
  • ターマック:いわば舗装路。とはいってもサーキットのようなものだと思った君は残念。同じ舗装路でも、サーキットと一般道では路面の感じが違うのだ。さらに舗装路といっても、当然ながらきれいな舗装路とは限らない。ダスティターマック(埃っぽい舗装路)とか、これもまたそこそこ種類がある。

 

まあ基礎的な知識はこれくらいにして、なぜこれを気に入ったか。主に2つの理由がある。

 

1.リアリティーがすごい

 

うわ〜何この語彙力のNASA。まあこれはこいつに限らず、GRAN TURISMOなど、他のps3のゲーム全般に言えることだが、ps2と比べて、リアリティーさが強くなってると個人的に思う。

 

特にこのWRC2に関しては、グラフィックはまあGRAN TURISMOほどではないがそこまでひどいわけでもない。ただやはりサーキットとはまた違うラリーならではの楽しいところを存分に楽しめる点というのが、このゲームの利点であり、ps3ではその部分がさらに磨きがかかってると思った。

 

2.英語を学ぶのに意外と使える

 

まあ実用性はあまりないが。とりあえず今回の題名におもいっきり書いたが、このゲームをしばらくやってて一番思ったことが、今回の題名であるスピードラーニングより良くね?って思ったりすることです。

 

ps2の時のWRCも持っているが、これは日本語も選択できるようになっており、基本的に日本語でやっていたのだが、今回のこのWRC2、なんと

 

英語のみ!!!!

 

あ、でもメニューとかの字が書いてるところはきちんと日本語だからそこは大丈夫よ。まあところどころ日本語がおかしいところがあるが、、、

 

では何が英語のみか。それは、、、

 

コ・ドライバーの指示

 

このゲームではコ・ドライバーの声を男性か女性かが選べるようになっているが、いずれも英語なのである。結構女性の方が比較的聞き取りやすいとのことらしいが、男性も慣れたらそんなに聞きづらいこともない。

 

俺がスピードラーニングより良くね?って思ったのはまさにその部分で、聞き流す訳ではないので、割とがっつり英語耳を鍛えることができ、多少は理解できるようになる、と個人的に思う。

 

ちなみにこのコ・ドライバーの指示をひたすら聞きまくるというのは、実際にやってる人も結構いて、名前は忘れたが、現在WRCを目指してる日本人が、コ・ドライバーの指示を理解するためにこのトレーニングをしているとのこと。

 

勉強は紙とペンでやるものではない。これは何かの勉強アプリ系のCMで言ってたが、まさにその通りだと思う。一番良いのが声に出したり、とにかく何かをしながら覚えるのが最適だ、というのをかなりまえに何かのテレビ番組でみた。

 

まさにその何かをしながらということの最たるものとして、ぜひともやってみてはいかがと思う。そして気がついたらなぜかYoutubeでラリーの動画を漁ってる俺みたいに、、、はならないか笑

 

という訳で眠すぎて倒れそうなので今日はここまで!